オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松山市畑寺にて新築のグループホームの屋根棟部に棟瓦を取付工事


松山市畑寺町にある新築のグループホームの屋根棟部に棟瓦を取付工事をしました。
この現場は久米の姫彦温泉の丁度、裏側の道路沿いに面しており、屋根に上がってみると、姫彦温泉が見えました。
現場の屋根工事が完工した際には温泉にゆっくり浸かって、ゆっくり帰りたい心境でした。
冬場ということもあり、朝方は屋根が凍っていて、なかなか作業が捗らない状態でした。
それでは今日の現場ブログを書いていきたいと思います。

松山市畑寺町の新築グループホームの現場に到着しました。

現場の写真
これは松山市畑寺町の新築グループホームの現場の写真です。
朝の八時に現場に到着しましたが、冬場ということもあり、屋根瓦の表面が凍っていたので、少し時間をおいてからの作業になりました。

まずは屋根棟部に強力棟金具と二重に重ねた桟木を取り付けます。

屋根棟部に強力棟を取り付けている写真
まずは屋根棟部の野地板に強力棟金具を取り付けます。「屋根の構造」
これを屋根の野地板に取り付けることで、屋根に直接取り付ける形になるので、棟瓦がしっかり固定されます。
続いて、棟瓦の下にくる寸法切りした瓦を座らせる(のせる)ために、寸法切りした半瓦が座る位置に二重重ねした桟木を施工します。

屋根棟部に二重重ねにした桟木を施工している
この写真は棟瓦の下にくる半瓦が座る位置に二重重ねにした桟木(さんぎ)を施工している時の写真です。
これを取り付けたら、先ほどの強力棟金具の上に、棟瓦の下地の角材を取り付けていきます。

棟瓦の下地の角材を取り付けている写真です。

屋根棟部に下地の角材を取り付けている
これは屋根棟部に、棟瓦の下地の角材を取り付けている時の写真です。
強力棟金具の上からのせて取り付けることで、棟瓦をビスで留めるときにビスがしっかり利きます。
下地の角材を取り付けたら、次は棟瓦の下にくる半瓦を施工しました。

棟瓦の下に来る半瓦を施工し終わりました。

棟瓦の下にくる半瓦を施工した写真
これは棟瓦の下にくる半瓦を施工し終わった時の写真です。
この瓦は栄四郎瓦のプラウドBB40という瓦で、瓦形状が英語の"B"のようになっているのでこのような名前が付けられています。
棟瓦の下にくる施工した半瓦の隙間部分(瓦の盛上っている下の空間)にコーキング(防水剤)を打っていきます。

コーキングを入れた箇所
先ほどの写真の半瓦の隙間部分を拡大した写真です。
このようにコーキング(防水剤)を入れて雨水の侵入を防ぎます。
棟瓦を施工する準備が整いましたので、シルガード(南蛮漆喰)と棟瓦をタワー(屋根に物をあげる為の機械)で上げていきたいと思います。

シルガード(南蛮漆喰)と棟瓦をタワーで屋根に上げていきます。

シルガードの写真
これはシルガード(南蛮漆喰)の写真です。
シルガードは棟瓦を施工する上で必ず必要な建築建材でしたが、今では完全乾式のロール状になった巻物の防水シートのような物も出てきております。
今回は昔からあるシルガード(南蛮漆喰)での棟瓦の施工をしていきます。
紐付三角棟の写真
これは今回使う棟瓦の写真です。
正式名称は「紐付三角棟」という名前です。
紐付三角下り止めの写真
これは棟の一番先端にくる棟瓦です。
正式名称は「紐付三角下り止」という名前の瓦です。
紐付三角三つ又の写真
これも今回使う棟瓦の写真です。
正式な名称は「紐付三角三つ又」という名前の棟瓦で、職人さんの間では「三つ又」という通称名で呼ばれています。
名前通り、三か所に「紐付三角棟」が入るような形になっているからです。
この棟瓦の施工写真は後ほど写真で載せます。
それではタワーにこれらの部材を上げていき、棟瓦の取付工事をしていきたいと思います。

屋根棟部に棟瓦の下地の角材を施工し終わりました。

屋根棟部に下地の角材を施工した写真
これは屋根棟部に棟瓦の下地の角材を施工し終わった時の写真です。
下地の角材を付けたので、次はシルガード南蛮漆喰を屋根棟部に施工していきたいと思います。

屋根隅棟部にシルガード(南蛮漆喰)を入れていきます。

隅棟にシルガードを入れている
これは棟瓦を取り付ける前に、シルガードを屋根隅棟部に入れている写真です。
シルガード(南蛮漆喰)を入れることで、棟部分がしっかり固定されて安定します。
今では完全乾式の防水テープのような巻物で施工することも多くなりましたが、今回はシルガード(南蛮漆喰)を使っての棟瓦の取付工事になりました。
シルガードを小手で綺麗に整地している
シルガード(南蛮漆喰)を入れたあとは、小手(こて)で綺麗に整地して形を整えていきます。
綺麗に整地ができましたら、その上から棟瓦(紐付三角棟)をのせていきたいと思います。

屋根隅棟部に紐付三角棟をのせていきます。

屋根隅棟部に紐付三角棟をのせている
これは屋根隅棟部に紐付三角棟をのせている写真です。
屋根棟部にシルガードを入れた部分に順々に棟瓦をのせていきます。

隅棟と棟のつなぎ目部分まで取付ました。

隅棟と棟のつなぎ目部分
これは隅棟と棟のつなぎ目部分まで、紐付三角棟を取り付けした時の写真です。
隅棟部と棟のつなぎ目部分には、先ほど紹介した「紐付三角三つ又」を入れて施工します。

紐付三角三つ又を取り付けた部分の写真
このように三方向から棟瓦が入るような形になっています。
その為「紐付三角三つ又」という名前が付けられています。

明日は棟瓦を屋根棟部に全て施工しこの現場の工事を完工します。

今日は棟瓦を施工する上での下地の角材やシルガード(南蛮漆喰)を施工し、途中までしか棟瓦を施工できませんでした。
冬場で山沿いということもあり、朝は屋根瓦が凍っていたりしてかなり時間ロスができましたが、明日はこの現場の屋根工事を完工したいと思います。

同じ地域の施工事例

施工事例

松山市平井町で地震対策に屋根を軽量化する為モニエルの葺き替え工事

完工前
屋根の完工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ アルマ(アスファルトシングル)
築年数
約35年
建坪
153.6㎡
保証
製品保証10年、施工保障10年
工事費用
145万円(税別)
施工事例

松山市にて劣化した既存の化粧スレート屋根をアルマでカバー工事

経年劣化した化粧スレートと棟板金の写真
屋根のカバー工事が完工した時の写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハのアルマ(アスファルトシングル)
築年数
築40年以上
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
35万(税別)
施工事例

松山市にて雨漏りでお困りの和型セメント瓦住宅の棟積み直し工事

工事前の写真
工事後の写真
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード(南蛮漆喰) 銅線
築年数
40年以上
建坪
保証
10年
工事費用
5万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

砂とセメントを混ぜている

松山市上河原町にある飲食店の駐車場を屋根瓦を破砕機で砂利にした愛媛県の優良リサイクル認定品「Rテコラ」と耐火レンガで外構工事を行いました。それでは現場ブログを書いていきたいと思います。お家のお困りごとは街の屋根やさん松山店にお任せください

トラックに積んだ来たロアー二の写真

松山市南吉田にてアスファルトシングル屋根材「ロアー二」による屋根の施工工事を行いました。今回使用した屋根材は、防水紙(ルーフィング)に材質が非常に似ており、防水性が高く、他の屋根材と比べても比較的安価なものです。それでは今日の現場ブログを書...........

二階屋根の写真

東温市志津川にある二階建て住宅屋根に地瓦とケラバの板金を施工しました。前回のブログでは途中から雨が降り出したので、作業が途中までしかできませんでしたが、今日は朝から快晴の天気でしたので、今日で屋根工事が完工しました。前回のブログ 東温市志津...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225