オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

四国中央市金生町にて屋根工事に伴う地瓦と一体袖の施工と瓦上げ


四国中央市金生町にある二階建て住宅の屋根工事に伴う、瓦上げと一体袖瓦と地瓦の施工工事を行いました。
今回しようした瓦は三州瓦の栄四郎瓦「プラウドプレイン(銀黒)」というもので、フルフラット仕様になり屋根外観が非常にすっきりした見た目になります。
それでは今日の現場ブログを書いていきたいと思います。

四国中央市の現場に到着!作業開始!

トラックに積んできた瓦の写真
四国中央市金生町の現場に到着しました。
早速屋根にタワーを掛けて、瓦を上げていきたいと思います。

瓦を上げていきます。

瓦の梱包を解いた時の写真
今回使用する瓦は栄四郎瓦「プラウドプレイン(銀黒)」というもので、フルフラットな作りになっている平板瓦です。
地瓦もフルフラットなのですが、ケラバの瓦も地瓦と一体になっている一体袖仕様となっています。
色も銀黒色という事もあり、日本の住宅に非常に合う色彩だなと思います。
それでは瓦をどんどん屋根に上げていきたいと思います。

二階の北側屋根の瓦上げが終わりました。

二階の北側の屋根の瓦上げが終わった時の写真
これは二階北側屋根の瓦上げが終わった時の写真です。
瓦が葺きやすいように一定の間隔で置いておきます。
それでは反対の南側の屋根面の分の瓦も上げていきます。

二階南側の屋根面の瓦上げが完了しました。

二階南側屋根の瓦上げが終わった時の写真
これは二階南側の屋根面の瓦上げが終わった時の写真です。
二階の北側と南側の両面の地瓦と袖瓦(一体袖)の瓦が上がりましたので、次は瓦を葺いていきたいと思います。

瓦を葺いていきたいと思います。

瓦を葺いている写真
これは瓦を葺いている時の写真です。
今回使う瓦は栄四郎瓦のプラウドプレイン(銀黒)の一体袖仕様なので、葺き始めが袖瓦から葺くように形になります。
よく一般住宅の瓦を使っているお家ですと、地瓦に後から被せるような形で袖瓦が施工されていますが、地瓦と一体になっているように見える仕様となっていますので、よりスッキリした屋根外観を演出してくれます。
軒先の地瓦にはセブン釘と呼ばれる、水切りのアンダーラップの部分で打つ釘と普通の瓦釘(スクリング)を使って施工します。

二階南側屋根の施工が完了しました。

二階屋根の南側の地瓦と袖瓦の施工が終わった時の写真
今日は二階屋根の南側の袖瓦(そでがわら)と地瓦(じがわら)の施工まで完了することができました。
残りの仕舞(しまい)は明日やっていきたいと思います。
明日も頑張って屋根工事をやっていきたいと思います。




同じ地域の施工事例

施工事例

四国中央市にて玄関の天井から雨漏りするお家の本谷板金交換工事

銅板でできた本谷板金の施工前写真
本谷板金交換工事の施工後写真
工事内容
雨漏り修理
使用素材
シルガード(南蛮漆喰) 銅線 復旧用の和型釉薬瓦(ハイシルバー)
築年数
約50年
建坪
保証
工事費用
5万5000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現場調査の様子

松山市のアパートのカバー工法の様子です。お客様から、アパートが雨漏りしているため修理の見積もりをお願いしたいとご依頼がありました。原因を確かめるためにまずは現場調査を行います。

瓦桟の施工後

松山市での屋根の葺き替え工事の様子です。前回までのブログで、既存の屋根材の撤去まで行えたため、今回からは新しい屋根材を施工していきます。既存の屋根材がカラーベストなので、本来であれば瓦は使用できないですが、鉄骨造のお家なので瓦でも問題ないと...........

既存屋根材(カラーベスト)の撤去前

松山市での葺き替え工事の様子です。最初は塗装工事を検討していましたが、塗装屋さんに塗装が出来ないと言われたため、葺き替え工事を検討していたお客様のお宅を葺き替え工事することになりました。前回の現場調査で、屋根材の経年劣化が原因で、再塗装が出...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225