オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

今治市風早町にて増築工事伴う和型釉薬瓦の平屋の屋根棟部を工事


今治市風早町にて増築工事に伴う平屋の屋根棟部の施工工事を行いました。
今回使用した瓦は、三州産(愛知県)の鶴弥のエース(銀麟)という瓦でした。
本棟部にはのし瓦を5段積み、隅棟部にはのし瓦を3段積みました。
それでは今日の現場ブログを書いていきたいと思います。

現場到着!まずは本棟部に南蛮漆喰を入れていきたいと思います。

南蛮漆喰の写真
まずは南蛮漆喰を練るために専用のタルに移して、鍬(くわ)で練っていきたいと思います。
シルガードは水を入れて練ることで、柔らかくなります。
冬場は固くなりがちなので、練るのにかなり体力を使いますが頑張ります。
南蛮を練るタルの写真
それでは専用のタルに入れて、練っていきたいと思います。
これがなかなかの重労働なのですが、頑張って練っていきたいと思います。
南蛮漆喰を屋根に上げ終わりましたら、のし瓦を上げていきます。

南蛮漆喰を上げ終わったので、のし瓦を上げていきます。

のし瓦の写真
これはのし瓦という瓦で、棟瓦の土台になる瓦になります。
昔はのし瓦を何段積むかを競い合うようなこともあったそうです。
それではのし瓦を上げていきたいと思います。

本棟にのし瓦を一段積みました。

本棟にのし瓦を1段積み上げた時の写真
これは本棟にのし瓦を一段積み上げた時の写真です。
こんな感じで南蛮漆喰を乗せた所にのし瓦を乗せて、積み上げていく作業になります。
本棟部はのし瓦を5段積みにし、隅棟部はのし瓦を3段積みにします。

本棟部に鬼瓦と棟巴を施工しました。

本棟部の鬼瓦の写真
これはカエズ型の鬼瓦で、昔は覆輪(ふくりん)型の鬼瓦が一般的でしたが、現在はあまり主張しないシンプルなデザインの鬼瓦が良く使われています。
もう少し詳しく知りたい方はこちらの下記の屋根工事コラムを参考にしていただければと思います。
今日は、ここまでの工事となりましたが明日はのし瓦も全て積み上げて、本棟と隅棟の施工を終わらせていきたいと思います。

同じ地域の施工事例

施工事例

今治市高市にて老朽化したコロニアルにシングルカバー工法で工事

施工前写真
1F屋根の完工写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アスファルトシングル材(ニチハのアルマ)
築年数
40年
建坪
150㎡
保証
10年
工事費用
100万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

生コン入れるところに水を撒いている写真

伊予郡砥部町にあるお家のテラスに上り下りが楽になるように、型枠組んで、そこに生コンを流し込み階段を作りました。今日はそのテラスに後付けで付けた階段作りの作業内容を書いていきたいと思います。>>お家の屋根・外壁・外回りでお困りの方は【街の屋根...........

ユニックで砂を吊っている写真

砥部町北川毛の和型セメント瓦葺き住宅のお庭にテラスを作る工事をやっています。外で洗濯物を干したり、BBQをしたりと色々な用途として使えるテラスはとても便利ですよね。なので今回はテラスを作る際に使う、砂・砂利等をユニックで運搬搬入し、ワイヤー...........

砥部町北川毛の現場写真

伊予郡砥部町北川毛にある和型セメント瓦屋根のお家のテラスを作る工事をやっております。前回はテラスの下地となる部分を工事しました。今日は仕上げの生コン(生コンクリート)を入れる為の型枠作りをしていきたいと思います。お家の屋根・外壁・外回りでお...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225