オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

砥部町北川毛の雨漏りする中古住宅をシングル材で屋根カバー工事


工事のきっかけ

中古で購入した2・5寸勾配のお家から雨漏りがしていて困っているという連絡が入り、弊社が現場調査にお伺いした結果、雨漏りの原因としては考えられるのは築年数も丁度40年以上経っているので葺き替え工事・メンテナンス工事の時期が来ていたのが一つと、2.5寸勾配で葺いているKMEW(ケイミュー)のカラーベストコロニアルが雨漏りの直接的な原因の一つだということがわかりました。
この当時は、カラーベストコロニアルや他の新生屋根材は緩勾配でも施工が可能というのが売りの一つでした。
しかし現在は2.5寸以上(3寸)の勾配での施工となっています。
あと雨漏りの原因と考えられるのは、屋根下地がバラ板で施工されているということです。

クボタ鉄工のカラーベストコロニアルや松下電工のフルベストなどの彩色石綿スレートは屋根下地に構造用合板12.5㎜以上の物を使用しなければならないと言う決まりがあり、それはバラ板などで屋根下地を作るとその隙間に屋根材を固定する釘が入る場合があり屋根材の固定力不足となるのでこれを防ぐために構造用合板12.5㎜の決まりがあるのですが、今回のお家の屋根下地はバラ板で施工されていますので直接的な原因というのはわかりませんが雨漏りする要因の一つになったと考えられます。

砥部町 屋根カバー工事

ビフォーアフター

before
二階の屋根①
horizontal
after
アフター写真

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事
施工期間
4~5日
使用材料
アスファルトシングル(ニチハのアルマ)
施工内容その他
築年数
40年以上
保証年数
施工・製品保証10年
工事費用
176万円(税込)
建坪
約53坪
ハウスメーカー
砥部町北川毛にあるカラーベストコロニアル屋根のお家の方から連絡があり、雨漏りが酷いので一度雨漏り点検をして欲しいとのことで、われわれは早速現場に向かい雨漏り点検調査を行いました。

調査した結果。。。

屋根勾配が2.5寸勾配で築40年以上経っており屋根下地もバラ板でした。
屋根葺き替えやカバー工事・メンテナンスの必要な時期が来ているのは確かなのですが、我々が見て今回のお家の雨漏りの原因として考えられるのは緩勾配だということと、屋根下地がバラ板だということです。

昔のカラーベストコロニアル(KMEWの屋根材)の施工マニュアルは2.5寸勾配まで施工が可能だったのですが、今は2.5寸以上(3寸)となっています。
そしてクボタ鉄工のカラーベストや松下電工のフルベストなどの彩色石綿スレートは、屋根下地に構造用合板12.5㎜を使用することを決まりとしていましたが、今回の屋根下地はバラ板でした。

なので今回行った工事はアスファルトシングル材(ニチハのアルマ)を使った屋根のカバー工事でした。
それでは施工事例を書いていきたいと思います。

まずは二階の屋根からカバー工事していきたいと思います。

二階の屋根①
まずは二階の屋根からカバー工事をしていきたいと思いますので、既存の大棟と隅棟の板金を撤去していきたいと思います。

隅棟の板金を撤去している時の写真
こちらの写真は隅棟の板金を撤去しています。
隅棟の下地の抜き板の写真
隅棟の板金を除けてみると下地の木(バラ板)が粉々になっていました。
大棟の棟包みを撤去している写真
大棟の既存の棟包みの板金も除けていきます。
大棟の下地の抜き板の写真
棟包みの板金を除けると先ほどの隅棟と同様に、下地の木(バラ板)が出てくるので、これも撤去していきます。

大棟と隅棟の板金と下地の木を撤去した後は綺麗に掃除します。

大棟と隅棟を掃除している写真
大棟と隅棟の棟包みの板金と下地の木(バラ板)を撤去し終えたら、あとは綺麗に掃除していきます。
大棟を掃除した時の写真
大棟も下地のバラ板まで撤去して、綺麗に掃除しました。
隅棟を掃除した時の写真
隅棟も綺麗に掃除ができました。
次は既存のコロニアルの上から自着層付ルーフィング(防水紙)を貼っていきたいと思います。

防水紙(ルーフィング)を既存のコロニアルの上から貼っていきます。

既存のカラーベストコロニアルの上から防水紙を貼っている時の写真
これは大棟と隅棟の棟包みの板金と下地のバラ板を撤去して、綺麗に掃除した後に防水紙(自着層付きルーフィング)を貼った時の写真です。
ルーフィングを既存のコロニアルの上から貼っていき、その上から今回カバー工事で使う屋根材であるアスファルトシングル材(ニチハのアルマ)を施工していくような形になります。

ルーフィング(防水紙)を貼り終えましたのでシングル屋根材を施工していきます

防水紙を貼り終えた屋根棟部の写真
ルーフィングを貼り終えましたので、次はこの上からアスファルトシングル材(ニチハのアルマ)を施工していきます。
二階の屋根にアスファルトシングルを上げた時の写真
二階の屋根にアスファルトシングル(ニチハのアルマ)を上げましたの、まずは軒先で使うスターターを作りそれを葺き始めとして施工していきます。
スターターを葺いている写真
これはスターターと呼ばれるもので、アスファルトシングルを半分に切ったものです。
これを葺き始めとして施工します。

まずは二階屋根が完成しました!

完工写真1
二階の屋根のカバー工事が完了しました。
次は一階の屋根のカバー工事をしていきたいと思います。

ルーフィングを貼り・瓦上げ・谷板金施工

ルーフィングを貼っている時の写真
まずは既存のコロニアル屋根の上から自着層付き防水紙(ルーフィング)を貼ります。
ルーフィングを貼り終えた時の写真
貼り終えたら、カバーで使う屋根材(アスファルトシングル【ニチハのアルマ】)を上げます。
ガルバリウム鋼板製の谷板金を入れた時の写真
アスファルトシングルを葺く前に、ガルバリウム鋼板製の谷板金を入れます。

アスファルトシングルを葺いていきます。

谷部分をアスファルトシングルで葺いた時の写真
これはアスファルトシングルを葺いている時の写真です。
順々に葺いていきます。
谷廻りが葺きあがった時の写真
谷部分の余計なアスファルトシングルは綺麗に切って除けます。
谷に掛かっているシングル材を板金ばさみで切っている
これが結構握力を使うので地味に大変です💦
手の平の皮が最初の頃はよく剥けます。
綺麗にシングル用のハサミでカットしていきます。

アスファルトシングル(ニチハのアルマ)も葺き終わり、谷部分も綺麗にカットしました。

谷部分の完工写真
地瓦も綺麗に葺き終わり、谷部分も綺麗にシングル用のハサミでカットし終わりました。
あとは大棟と壁際部の雨押えの板金部分等の工事になります。

大棟部の棟包みの板金の施工工事をしていきます。

下地の木を手のこで切っている
大棟部に下地の抜き板を施工している時の写真です。
棟包みを加工している時の写真
大棟の棟包みの板金を加工している時の写真です。
抜き板の上から棟包みの板金を被せた時の写真
下地の抜き板の上に棟包みの板金を施工している時の写真です。
板金同士の重なり部分にはシングルセメントを入れて雨水の侵入を防ぎます。

棟包みの板金の加工が完了しました。

一階大棟部の完工写真
大棟の棟包みの板金の施工が完了しました。

壁際部の雨押えの板金の施工と出隅(でずみ)の板金の施工が完了しました。

水平部の雨押えの板金
これは水平部の雨押えの板金部分の完工写真です。
綺麗に雨仕舞が完了しました。
出隅の部分の写真
これは出隅(でずみ)部分の完工写真です。
綺麗に施工ができました。

まとめ

砥部町北川毛の現場
屋根のカバー工事の方が完了しました。
あとは雨樋も新しくしたいというご要望がお家の方から頂いておりましたので雨樋も新しくしていきます。
今は丁度梅雨の時期ということもあり、なかなか工事が捗らないですが、気を引き締めて一生懸命工事をやっていきたいと思います。


【工事完了後】

完工写真1
二階屋根平面部の完工写真です。
軒先も隅棟も綺麗に仕上りました。
谷部分の完工写真
一階の谷部分の完工写真です。
非常に綺麗に仕上りました。
一階の屋根平面部の完工写真
一階の屋根平面部の完工写真です。
綺麗に葺きあがりました。
今回カバー工事で使用した屋根材はニチハのアルマというアスファルトシングル材です。
他の屋根材よりも比較的安価で防水性の非常に強い屋根材の一つです。
一階大棟部の完工写真
これは一階大棟部の完工写真です。
大棟部の棟包みの板金も綺麗に納まり
とても綺麗に雨仕舞ができました。
ケラバの破風板部分の完工写真
今回のお家の屋根形状は昔はよくあった「入り母屋」屋根でした。
そのケラバの破風板部分の完工写真です。
破風板もサービスで綺麗に塗装しておきました。
まるで新築同様の仕上がりとなりました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

松山市にて劣化した既存の化粧スレート屋根をアルマでカバー工事

経年劣化した化粧スレートと棟板金の写真
屋根のカバー工事が完工した時の写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハのアルマ(アスファルトシングル)
築年数
築40年以上
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
35万(税別)
施工事例

伊予市松前にて老朽化した化粧スレート屋根をアルマでカバー工事

施工前写真
施工後写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アスファルトシングル(アルマ)
築年数
40年以上
建坪
約83㎡
保証
10年
工事費用
54万6千円
施工事例

松山市古川で雨漏りするアパートへシングル材でのカバー工法の様子

完工前
完工写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハ アルマ(アスファルトシングル)
築年数
30年
建坪
190㎡
保証
施工・製品保障10年
工事費用
97万円

同じ地域の施工事例

施工事例

砥部町高尾田にある既存の銅板製の本谷をカラーステンレスに交換

既存の銅板製の谷を撮った写真1
新しいガルバリウム鋼板の谷板金に交換した時の写真
工事内容
使用素材
カラーステンレス0.35
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用
19万(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

松山市森松町にあるコロニアル葺きのお家

今日は愛媛県松山市森松町にある、築40年以上は経っていると思われるコロニアル葺きのお家のカバー工事に伴う防水紙張りを行いました。今回使った防水紙(ルーフィング)は、既存の屋根材を撤去せずその上から直接貼るタイプの防水紙なので裏面は物凄い粘着...........

砥部町北川毛の現場写真

伊予郡砥部町北川毛にある緩勾配(2.5寸)のコロニアル屋根を、アスファルトシングル屋根材(ニチハのアルマ)でカバー工事しました。前回の現場作業で二階の屋根のカバー工事は終わりましたので、今日は一階の屋根をカバー工事していきたいと思います。そ...........

二階の屋根にアスファルトシングルを上げた時の写真

伊予郡砥部町北川毛にある築40年以上は経っていると思われる、カラーベストコロニアル葺きの二階建て中古住宅の屋根をアスファルトシングル材(ニチハのアルマ)でカバー工事しました。それでは今日の現場ブログを書いていきたいと思います。お家の屋根・外...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225