オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松山市平井町で地震対策に屋根を軽量化する為モニエルの葺き替え工事


工事のきっかけ

外壁の塗装ついでに、いつ起こるか分からない南海トラフ地震に備えて、屋根の軽量化をしたかったため。

松山市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
完工前
horizontal
after
屋根の完工後

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
6日
使用材料
ニチハ アルマ(アスファルトシングル)
施工内容その他
築年数
約35年
保証年数
製品保証10年、施工保障10年
工事費用
145万円(税別)
建坪
153.6㎡
ハウスメーカー
不明
松山市平井町でモニエル瓦の葺き替え工事を行った際の様子です。
今回は、雨漏り等の問題があっての葺き替え工事ではなく、外壁の塗装を行うついでに、いつ起こるか分からない南海トラフ地震への対策のため、屋根の軽量化をしたいとの事で葺き替え工事を行うことになりました。
瓦の撤去作業から、工事完了までの様子を紹介します。

モニエル瓦の撤去

モニエル瓦の撤去前
元々施工されていた瓦はモニエル瓦というものです。
まずはこのモニエル瓦を撤去していきます。

棟瓦を撤去した様子
まずは棟瓦を取りはずします。
棟瓦の下には、棟瓦を固定するための土が盛られています。
この土も屋根の重量を重くしてしまう原因になります。
最近では、乾式工法という、土を使わずに棟瓦を固定する方法で少し屋根の重量を抑えることができます。
モニエル瓦の撤去途中
土と瓦を撤去していきます。
剥がした瓦は、屋根の上からダンプに投げ入れるれます。
その際に、かなり大きな音が出てしまうため、近隣の方へのご説明を事前に行っています。
モニエル瓦の撤去完了
瓦の撤去が完了したら、瓦を引っ掛けるための瓦桟(かわらざん)という物を取りはずします。
写真では、屋根に横向きに取り付けられている木材の事です。
瓦桟の撤去完了後
瓦桟の撤去が完了しました。
次は、屋根の強度を高めるために野地板の増し張りを行います。

野地板の増し張り

構造用合板の製品表示
野地板の増し張りというのは、瓦を施工するための野地板という下地部分に、構造用合板を更に上から張り付ける作業です。
野地板の増し張りをすることによって、屋根自体の強度を上げることができます。
少し屋根の重量は重くなってしまいますが、屋根の寿命を延ばすことができるので、この作業は必ずするようにお勧めしています。
使用する構造用合板は厚み12mmの物を使用しています。
軒先へ構造用合板の取り付け
この構造用合板を軒先から張り付けていきます。
屋根の形に構造用合板をカットしながら張り付けていきます。
構造用合板を固定した様子
構造用合板の固定は、エアー式の釘打ち機で固定します。
その際に、屋根の垂木という部分を狙って釘を打ち込みます。
垂木は、屋根の土台部分になるため、そこに固定することによって、野地板が強風で吹き飛ばされるなどの心配がなくなります。
屋根全体に構造用合板を張り付けられたら、次は防水紙を施工していきます。

防水紙の施工

防水紙モラサンE
先ほどの、構造用合板の上に防水紙を施工します。
使用するのは改質アスファルトルーフィングという種類の防水紙です。
防水紙を施工することによって、万が屋根材から雨が侵入しても雨漏りしないように防いでくれます。

防水紙施工完了
防水紙を屋根全体に施工出来たら、新しい屋根材を施工するための準備を行います。

板金類の取り付け

樋掃除の様子
板金類を取り付けるため、まずは樋の掃除を行います。
この後、軒先水切り板金という樋に確実に雨水を流すための板金を取り付けます。
板金を取り付けてしまうと、樋の掃除がやり辛くなってしまうので先に掃除しておきます。
軒先水切り板金の取り付け
掃除が完了したら、軒先水切り板金を取り付けます。
軒先全個所に取り付けできたら、いよいよ新しい屋根材を施工します。

シングル材の施工

シングル材の施工の様子
新しい屋根材は、シングル材を施工します。
ニチハのアルマという製品です。
重量はモニエルと比べると、㎡あたり約30キロほど変わります。
隅棟周辺の施工途中
シングル材を、エアー式の釘打ち機で固定しながら、屋根全体を覆っていきます。
屋根材の施工は必ず軒先から行っていきます。
上から流れてきた雨水が屋根材の中に入り込まないようにするためです。
シングル材の施工が完了したら、次は棟の板金を取り付けます。

最後の仕上げ、棟の板金取り付け

屋根の完工後
最後の仕上げとして、棟の部分に板金を取り付けて完了です。
モニエル瓦と比べても、見た目がスッキリしていかにも軽そうに見えますよね。

屋根の葺き替え工事を検討中の方は、是非街の屋根やさん松山店へご相談ください。
屋根の無料診断も行っています。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

西条市丹原町にあるS型セメント瓦屋根をアルマで葺き替え工事

西条市丹原町曽我部モータースここが雨漏りのかしょでは
南側の屋根面の完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハのアルマ(アスファルトシングル)
築年数
築40年以上
建坪
保証
10年
工事費用
87万円(税別)
施工事例

松山市南斉院町で雨漏りしているコロニアルをルーガ鉄平で葺き替え

完工前
完工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ルーガ鉄平
築年数
15年
建坪
86.7平米
保証
10年
工事費用
120万円(税別)
施工事例

大洲市東大洲で雨漏りでお困りのお宅のセメント瓦の葺き替え工事

セメント瓦撤去前
完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ アルマ(アスファルトシングル)
築年数
約40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

松山市にて劣化した既存の化粧スレート屋根をアルマでカバー工事

経年劣化した化粧スレートと棟板金の写真
屋根のカバー工事が完工した時の写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハのアルマ(アスファルトシングル)
築年数
築40年以上
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
35万(税別)
施工事例

松山市にて雨漏りでお困りの和型セメント瓦住宅の棟積み直し工事

工事前の写真
工事後の写真
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード(南蛮漆喰) 銅線
築年数
40年以上
建坪
保証
10年
工事費用
5万
施工事例

松山市南斉院町で雨漏りしているコロニアルをルーガ鉄平で葺き替え

完工前
完工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ルーガ鉄平
築年数
15年
建坪
86.7平米
保証
10年
工事費用
120万円(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

二階の屋根①

伊予郡砥部町北川毛にある築40年以上は経っていると思われる、コロニアル屋根の屋根カバー工事に伴う、既存の板金撤去と既存のコロニアルの上から自着層付防水紙の施工を行いました。それでは今日の現場ブログを書いていきたいと思います。お家のお困りごと...........

松山市安城寺の現場

今日の現場ブログは、松山市安城寺にある、三階建ての和型釉薬瓦葺きのお家の屋根棟部からの雨漏りでお困りとのことでしたので、早速現場調査に向かいました。お家のお困りごとは街の屋根やさん松山店にお任せ下さい無料点検致します

アルマを葺いている時の写真

西条市丹原町にある築40年以上経っている、セメント瓦屋根をアスファルトシングル(アルマ)で葺き替え工事しました。アスファルトシングルは昔からある屋根材の一つで、防水紙(ルーフィング)と材質が似た屋根材ですので、防水性が非常に高く他の屋根材と...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225