オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松山市南斉院町で雨漏りしているコロニアルをルーガ鉄平で葺き替え


工事のきっかけ

太陽光パネル周辺から雨漏りして困っていた。簡易工事を行ったが、雨漏りが止まらなかったため葺き替え工事をすることにした。

松山市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
完工前
horizontal
after
完工後

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
使用材料
ルーガ鉄平
施工内容その他
築年数
15年
保証年数
10年
工事費用
120万円(税別)
建坪
86.7平米
ハウスメーカー
積水化学工業 セキスイハイム
松山市南斉院町でコロニアルの葺き替え工事を行った際の様子です。
コロニアルの上に太陽光パネルを設置していたお宅で、太陽光パネル周辺からの雨漏りでお困りだったようです。
今までに簡易工事を行って雨漏りを止めようとしていましたが、止まらなかったため葺き替え工事をすることにしたそうです。
今回は、元々の屋根材がコロニアルという軽量の屋根材のため、新しい屋根材も軽量のルーガ鉄平という物を使用しました。

コロニアルの撤去

完工前
屋根の葺き替えを行うために、まずは既存の屋根材を撤去していきます。
屋根の色が変わっているところに太陽光パネルが設置されていたようです。
太陽光パネル自体はあらかじめ電気屋さんに撤去してもらいました。
棟板金の取り外し
コロニアルを撤去するために、まずは棟の板金を取りはずします。
板金は、下地の木材に釘で固定されているだけなので、釘抜きで釘を抜いて撤去していきます。
下地の木材も必要ないので一緒に撤去します。
カラーベストの撤去途中
棟の板金の取り外しが完了したら、コロニアルを撤去していきます。
コロニアルは1枚につき釘4本で固定されています。
この釘を1本ずつ釘抜きで抜きながらコロニアルを撤去していきます。

本谷の撤去
谷の部分には本谷板金という雨水を樋に流すための板金が入っているのでそれも撤去します。
後から、新しい本谷板金を取り付けます。
カラーベスト撤去後
すべてのコロニアルの撤去が完了しました。
本谷板金ケラバの板金もすべて撤去出来たので、次は野地板の増し張りを行っていきます。

野地板の増し張りで屋根の強度アップ

野地板の増し張り前
屋根材等をすべて撤去した後、屋根の強度をアップさせるために野地板の増し張りという作業を行います。
野地板とは屋根材を置く部分の事です。
屋根材を撤去した状態の屋根に、構造用合板という物を増し張りすることによって屋根の強度をアップさせることができます。
この増し張り作業は、葺き替え工事の際にしか出来ないので、葺き替え工事をする際にはお勧めしています。
多少重量は増えますが、問題ないレベルです。
構造用合板の固定の様子
構造用合板は厚み12mmの物を使用します。
専用の釘打ち機で、屋根の垂木という部分を狙って釘を打ち込みます。
垂木に打ち込まないとしっかりと固定されないため、目印をつけて確実に打ち込みます。

野地板の増し張り完了
屋根の形に合わせて、構造用合板を全体に固定出来たら、野地板の増し張り完了です。
次は、雨漏りを防ぐための改質アスファルトルーフィングという防水紙を施工します。

雨漏りさせないために重要な防水紙の施工

軒先から防水紙を施工
屋根材で雨を完全に防ぐことはできません。
強風等で雨が屋根材の隙間から入ってくることがあるので、その際に雨漏りしないように防水紙を施工する必要があります。
先ほど増し張りした野地板の上に、改質アスファルトルーフィングという防水紙を施工します。
防水紙は、七王工業のモラサンEという物を主に使用しています。
施工する際は、タッカーという建築用のホッチキスで固定します。
防水紙の施工完了
屋根全体を防水紙で覆えたら施工完了です。
防水紙には正しい施工方法があります。
間違った方法で施工してしまうと、逆に雨漏りの原因になってしまうので、屋根工事は専門業者に頼みましょう。

新しい屋根材を施工するための下準備

雨樋の掃除中
次は、新しい屋根材を施工するための下準備を行っていきます。
まず、コロニアルを撤去した際に雨樋に溜まったゴミや、埃を掃除します。
ルーガ鉄平を施工した後だと掃除がやり辛いので、先に掃除しておきます。

軒先板金の取り付け
掃除が完了したところから順番に、軒先水切りという板金を取り付けていきます。
軒先水切り板金は、瓦から流れてきた雨を確実に雨樋に流すための板金です。
写真に手前に見えているのが軒先水切り板金です。
板金の取り付け位置と名称
ケラバの部分にはケラバ捨て水切りという物を取り付けます。
ケラバ部分から入った雨を雨樋に流すための板金です。
谷部分にも、新しい谷板金を取り付けて準備完了です。

ルーガ鉄平を施工する

軒先の瓦の取り付け
準備が完了したら、ルーガ鉄平を施工します。
写真は軒先の瓦の取り付けの様子です。
ルーガシリーズの場合、瓦は釘2本で固定しますが、軒先の瓦だけは風などの影響で一番負荷が掛かる場所なので、飛ばされないように釘3本で固定しています。
ルーガの施工途中
隅棟の部分は、屋根の形に合わせて瓦をカットしながら施工します。
ルーガをカットする様子
瓦をカットすると粉塵が出ます。
近隣の方のご迷惑にならないように、瓦をカットする際は集塵機付きの切断機を使用しています。
谷部分の施工途中
谷の部分も、ガタガタにならないように形を揃えながら瓦をカットします。
この部分を真っすぐにしないと見栄えが悪くなってしまいます。
下準備の際に取り付けた谷板金はステンレス製の物を使用しています。
少し高価なものですが、谷は雨水が集中して傷みやすいので、耐久性の高いステンレス製の板金を使用した方がコスパがいいです。
乾式工法の様子
瓦本体の施工が完了したら、ケラバと棟の瓦を施工していきます。
ケラバ専用の瓦をビスで固定した後、乾式工法と呼ばれる方法で棟瓦の取り付けをします。
乾式工法とは、土や南蛮漆喰などの水気を含んだ建材を使用しない工法の事で、屋根の重量を軽くすることができる工法です。
に専用のブチル防水テープを取り付けて棟の瓦を施工します。
本棟冠の施工途中
棟の瓦も、ケラバと同様にビスで固定します。
ケラバの瓦の取り付け後
ケラバと棟が重なるところも綺麗に仕上がりました。

実は下屋根もあります

下屋根の雨押え板金
今回のお宅は、実は下屋根があります。
下屋根は壁と接しているため、強風で壁から雨水が吹き込まないように防水処理をする必要があります。
上屋根と同様に瓦を施工した後、壁に沿って棟で使用した防水テープを半分にカットして貼り付けます。
このテープを張ることによって風で雨水が吹き込むのを防ぎます。
雨押え板金取り付け後
壁から流れてきた雨水も防ぐ必要があるので、雨押え板金という壁際の板金を取り付けて完成です。

屋根工事完了

上屋根完工写真
以上で全工事完了になります。
雨漏りも解消され、お客様に喜んで頂けました。
屋根が綺麗になったことで、建物全体の印象も綺麗になったように感じます。
差し棟冠の取り付け
隅棟部分には差し棟冠という、スッキリした形状の瓦を使用しているので、重厚感が抑えられた仕上がりになっています。

コロニアルの雨漏りでお困りの方は、是非街の屋根やさん松山店に一度お声掛けください。
街の屋根やさん松山店では無料点検も行っていますので、お気軽にご相談ください。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

西条市丹原町にあるS型セメント瓦屋根をアルマで葺き替え工事

西条市丹原町曽我部モータースここが雨漏りのかしょでは
南側の屋根面の完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハのアルマ(アスファルトシングル)
築年数
築40年以上
建坪
保証
10年
工事費用
87万円(税別)
施工事例

松山市平井町で地震対策に屋根を軽量化する為モニエルの葺き替え工事

完工前
屋根の完工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ アルマ(アスファルトシングル)
築年数
約35年
建坪
153.6㎡
保証
製品保証10年、施工保障10年
工事費用
145万円(税別)
施工事例

大洲市東大洲で雨漏りでお困りのお宅のセメント瓦の葺き替え工事

セメント瓦撤去前
完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ アルマ(アスファルトシングル)
築年数
約40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

松山市平井町で地震対策に屋根を軽量化する為モニエルの葺き替え工事

完工前
屋根の完工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ アルマ(アスファルトシングル)
築年数
約35年
建坪
153.6㎡
保証
製品保証10年、施工保障10年
工事費用
145万円(税別)
施工事例

松山市にて劣化した既存の化粧スレート屋根をアルマでカバー工事

経年劣化した化粧スレートと棟板金の写真
屋根のカバー工事が完工した時の写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハのアルマ(アスファルトシングル)
築年数
築40年以上
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
35万(税別)
施工事例

松山市にて雨漏りでお困りの和型セメント瓦住宅の棟積み直し工事

工事前の写真
工事後の写真
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード(南蛮漆喰) 銅線
築年数
40年以上
建坪
保証
10年
工事費用
5万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

二階の屋根①

伊予郡砥部町北川毛にある築40年以上は経っていると思われる、コロニアル屋根の屋根カバー工事に伴う、既存の板金撤去と既存のコロニアルの上から自着層付防水紙の施工を行いました。それでは今日の現場ブログを書いていきたいと思います。お家のお困りごと...........

松山市安城寺の現場

今日の現場ブログは、松山市安城寺にある、三階建ての和型釉薬瓦葺きのお家の屋根棟部からの雨漏りでお困りとのことでしたので、早速現場調査に向かいました。お家のお困りごとは街の屋根やさん松山店にお任せ下さい無料点検致します

アルマを葺いている時の写真

西条市丹原町にある築40年以上経っている、セメント瓦屋根をアスファルトシングル(アルマ)で葺き替え工事しました。アスファルトシングルは昔からある屋根材の一つで、防水紙(ルーフィング)と材質が似た屋根材ですので、防水性が非常に高く他の屋根材と...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225