オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

今治市高市にて老朽化したコロニアルにシングルカバー工法で工事


工事のきっかけ

積水ハウスの古い物件で、既存の屋根はクボタのカラーベストコロニアルでした。
築年数40年以上でして大変に屋根は老朽化、屋根下地もかなり不陸があり強度も完全なものではありませんでした。そこでトータルバランスの総合判断により、アスファルトシングルでカバー工法するという提案をさせて頂きました。

今治市 屋根カバー工事

ビフォーアフター

before
施工前写真
horizontal
after
1F屋根の完工写真

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事
施工期間
一週間
使用材料
アスファルトシングル材(ニチハのアルマ)
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
10年
工事費用
100万
建坪
150㎡
ハウスメーカー
積水ハウス
今治市高市にあるY様邸が築40年であり、雨漏りをしているという事から現場調査の依頼がありました。
現場調査を実施してみた所、Y様邸はあの積水ハウスの非常に初期の住宅で仕様屋根材はクボタカラーベストコロニアルでした。この屋根材の現在の使用可能勾配は3寸勾配ですがこの屋根勾配は2.5寸でした。
40年以上も経過しており経年劣化も激しく、勾配の緩さもあり雨漏りも全体的に発生していると思われますが、ハッキリと内部に雨漏りしている箇所は何カ所かありますとのお話も伺いました。
そこで今回の工事についての工事提案ですが、①ハウスメーカーの初期物件である事②各部の納まりが可能かどうか③予算面、この三点を考慮し総合的に判断してアスファルトシングル材のカバー工法を提案しました。


雨漏り箇所はこの三カ所でした。

雨漏り箇所(棟違い
1F屋根の棟違い部分の写真です。
非常に雨漏りしやすい箇所で、一般的に注意して施工しないといけない部分です。
雨漏り箇所(ベランダ部)
1Fのベランダ部分の写真です。
お見受けしたところ手すりは錆び、使用しておられる形跡はありません。
この部分も屋根の上に異物を設置するというようなことになるので、屋根に絡んだ構築物として雨漏りが多い部分です。
雨漏り箇所(窓廻り)
1F屋根の壁際部と窓廻りの取り合い部分の写真です。
窓と雨押え板金の隙間がいっぱい有り、これは雨天時の風向きよってこの窓に雨水が当たった場合、雨漏りの可能性が非常に高い箇所かと思います。

自着層付アスファルトルーフィングを施工しシングル材荷揚げして工事開始

自着層付ルーフィングと荷揚げ
今治市高市のY様邸の工事開始しました。

まず、既存のカラーベストコロニアルの上に自着層付アスファルトルーフィングを貼りました。
続いて、アスファルトシングルを荷揚げし全面ビス打ちで施工しました。
軒先には先行して施工しておりまして、その上にアスファルトルーフィングを接着しながら専用ビスでビス打ちもするという工事方法なのでしっかりくっ付いていると思います。

シングルを葺いています。

ビス打ち工事
こんな感じで、下地のカラーベストコロニアルを貫通させて施工しております。
釘打ちも可能なのですが、Y様邸は野地板のコンディションがあまり良いとは言えないのでビス打ちをすることで固定力を大幅にアップさせる施工方法を取りました。

板金工事をしています。(そろそろ工事も終盤です)

流れ壁際の板金工事
既存の流れ壁際の雨押え板金と同形状の新品の雨押えを加工制作し、今施工しています。
棟板金工事
棟部分の板金工事中です。
止めになる部分(始め・終わり・大巴・棟止め)などと言われる部分の加工をするための墨付けをし加工をしようとしている所です。

棟板金工事と窓廻りのシール工事

棟板金工事
棟板金工事の写真です。
棟板金の下に見えるのは、抜き板(15×90×3000)を屋根に取り付け、それを下地として棟板金を固定します。
棟板金の端部(大巴・始め・終わり)の加工もします。

窓廻りシール工事
窓廻りのシール工事をしている写真です。
窓廻りに心配な部分があったので、シール工事をしています。
お客様の了解も取っているのはもちろんですが、私どもとしても屋根工事と雨漏りという事から、今回の工事に至った訳ですが、一見あまりにもかけ離れた工事となるわけですが関連箇所と考えまして工事してます。
雨漏りというのは、屋根からだけではありません壁・サッシ廻りからの雨漏りは非常に多い比率で発生しています。
むしろ屋根からの雨漏りは非常に少ないです。

【工事完了後】

棟違い部の完工写真
棟違い部の完工写真です。
破風尻に板金を入れてあるのは、この部分が一番雨漏りの原因になるからです。
1F屋根の完工写真
1F屋根の完工写真です。
1F屋根窓廻りの完工写真
1F屋根の窓廻りの完工写真です。
壁際で尚且つ窓と絡んだ部分からの雨漏りが想定される部分なので慎重に工事しました。
この現場の窓の位置は雨押えの真上という状況で、通常はこんなにクリアランスのない納まりにはしないのですが、ハウスメーカーの初期の物件なのでこのようになってしまったのでしょうか?
Y邸全景完工写真
Y様邸の全景完工写真です。
雨漏りは必ずしも屋根からだけするものではなく、壁からあるいは窓からなど、屋根よりも屋根以外の部分から雨漏りすることが実は圧倒的に多いのです。
今回も屋根の工事もあるいは屋根に絡んだ壁際やサッシ廻りの処理もやってみましたが、ご依頼の屋根工事に絡んでくる部分を簡単に処置してみました。この部分については様子を見ることになります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

砥部町北川毛の雨漏りする中古住宅をシングル材で屋根カバー工事

二階の屋根①
アフター写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アスファルトシングル(ニチハのアルマ)
築年数
40年以上
建坪
約53坪
保証
施工・製品保証10年
工事費用
176万円(税込)
施工事例

松山市にて劣化した既存の化粧スレート屋根をアルマでカバー工事

経年劣化した化粧スレートと棟板金の写真
屋根のカバー工事が完工した時の写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハのアルマ(アスファルトシングル)
築年数
築40年以上
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
35万(税別)
施工事例

伊予市松前にて老朽化した化粧スレート屋根をアルマでカバー工事

施工前写真
施工後写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アスファルトシングル(アルマ)
築年数
40年以上
建坪
約83㎡
保証
10年
工事費用
54万6千円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

松山市森松町にあるコロニアル葺きのお家

今日は愛媛県松山市森松町にある、築40年以上は経っていると思われるコロニアル葺きのお家のカバー工事に伴う防水紙張りを行いました。今回使った防水紙(ルーフィング)は、既存の屋根材を撤去せずその上から直接貼るタイプの防水紙なので裏面は物凄い粘着...........

砥部町北川毛の現場写真

伊予郡砥部町北川毛にある緩勾配(2.5寸)のコロニアル屋根を、アスファルトシングル屋根材(ニチハのアルマ)でカバー工事しました。前回の現場作業で二階の屋根のカバー工事は終わりましたので、今日は一階の屋根をカバー工事していきたいと思います。そ...........

二階の屋根にアスファルトシングルを上げた時の写真

伊予郡砥部町北川毛にある築40年以上は経っていると思われる、カラーベストコロニアル葺きの二階建て中古住宅の屋根をアスファルトシングル材(ニチハのアルマ)でカバー工事しました。それでは今日の現場ブログを書いていきたいと思います。お家の屋根・外...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225