オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

砥部町北川毛の雨漏りする中古住宅をシングル材で屋根カバー工事

工事のきっかけ

中古で購入した2・5寸勾配のお家から雨漏りがしていて困っているという連絡が入り、弊社が現場調査にお伺いした結果、雨漏りの原因としては考えられるのは築年数も丁度40年以上経っているので葺き替え工事・メンテナンス工事の時期が来ていたのが一つと、2.5寸勾配で葺いているKMEW(ケイミュー)のカラーベストコロニアルが雨漏りの直接的な原因の一つだということがわかりました。 この当時は、カラーベストコロニアルや他の新生屋根材は緩勾配でも施工が可能というのが売りの一つでした。 しかし現在は2.5寸以上(3寸)の勾配での施工となっています。 あと雨漏りの原因と考えられるのは、屋根下地がバラ板で施工されているということです。 クボタ鉄工のカラーベストコロニアルや松下電工のフルベストなどの彩色石綿スレートは屋根下地に構造用合板12.5㎜以上の物を使用しなければならないと言う決まりがあり、それはバラ板などで屋根下地を作るとその隙間に屋根材を固定する釘が入る場合があり屋根材の固定力不足となるのでこれを防ぐために構造用合板12.5㎜の決まりがあるのですが、今回のお家の屋根下地はバラ板で施工されていますので直接的な原因というのはわかりませんが雨漏りする要因の一つになったと考えられます。

砥部町 屋根カバー工事

ビフォーアフター

before
二階の屋根①
horizontal
after
アフター写真

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事
施工期間
4~5日
使用材料
アスファルトシングル(ニチハのアルマ)
築年数
40年以上
保証年数
施工・製品保証10年
工事費用
176万円(税込)
建坪
約53坪

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-224-225