オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

西条市丹原町の菊間瓦葺き住宅の袖瓦がズレたので補修工事をした


西条市丹原町のK様邸は菊間瓦葺き住宅で『袖瓦がズレている様に見えるのですがこれはどうなんでしょう』との連絡をいただきました。これは、一度お伺いして現場調査をしないといかませんねと言う事になり早速お伺いしまして現状を確認しました.

それでは今日の現場ブログを書いていきたいと思います。
西条市丹原町近藤邸写真
K様の住宅の裏側からの写真です。
ベランダに造園用の梯子(はしご)を上げてご自身で袖瓦の状態を見ていたようです。

現場調査で屋根に上がらせていただきます。

K様のご指摘の袖瓦ズレ
K様の気になっている袖瓦のズレている部分です。
谷に絡む袖瓦と5寸丸
上から見るとこんな感じになっていますここは修理が必要ですね。
又、住宅の裏側なのによく見つけたと思います。
陸谷にゴミが溜まっている
写真に写っている木材はどうやら大工さんか屋根工事屋さんかが屋根に置き忘れたもののようです。
かれこれ30年はけいかしています。
ここは陸谷で木材の腐ったくずが詰まらないように撤去して掃除ですね。

このK様のお宅は簡単な修理が必要です

熨斗瓦や紐熨斗がズレ落ちている
熨斗瓦が抜け落ちています。
抜けた熨斗瓦は軒先の所に落ちていました。
反対側の丸も傷んでいました
屋根の上に上がるとこんなところも傷んでいました。
ここは下からは絶対分からないところですね。
K様のは気が付いていない袖瓦のズレ
ふと、反対側の屋根の軒先を見ると、軒先の角瓦がずれています。
ここも修理が必要です。

K様より発注頂きましたので天候をみて工事させていただきます。

西条市丹原町のK様邸は菊間瓦葺き住宅で『袖瓦がズレている様に見えるのですがこれはどうなんでしょう』との連絡をいただきまして、現場調査させていただきましたところ何カ所か不具合の所がありました。この、K様のお宅はK様のお父さんが建てたお家と、K様ご自身が建てたお家がくっついていまして、ちょうどもくざいの置忘れの陸谷の所がその境目の部分なので通常は使わない陸谷が出来たようです。こんかいの不具合箇所は全てお父さんの建てたお家の方で発生していまして築40年以上かと思いますがこの築年数であれば普通に発生する様なメンテ部分です。

本日、K様邸屋根の不具合箇所修理工事実施します

谷に絡む袖瓦と5寸丸
K様が最初に発見した袖瓦のズレ部分です。
工事中①
袖瓦の加工した谷板に絡む小さな袖瓦とその上の袖瓦をくっつけて固定して、5寸紐丸を何枚か外しました。
工事中②
5寸紐丸の加工して小さくなった物とその上の5寸紐丸をくっつけて固定し銅線でしっかり固定しました。
反対側の丸も傷んでいました
5寸紐丸がズレています。
ここは、谷板の所の加工した5寸紐丸の固定がもう少ししっかりしていればという所ですが築40年以上なので自然劣化もあります。
反対側の工事
この様にきれいに直しました。
陸谷にゴミが溜まっている
陸谷部に木材が腐って谷が詰まりそうな事になっています。
木材掃除①
綺麗に掃除しました。

木材掃除②
この陸谷は緑青色のステンレス製なので全く問題ありません。
建築した時の大工さんの配慮ですね。
K様のは気が付いていない袖瓦のズレ
軒先の左角かわらのズレ箇所。
反対側軒先①
5寸紐まるの銅線が切れてもう少しで落下するところでした。
一度巴瓦を撤去して5寸紐丸を3枚程剥がして、巴瓦の固定銅線をしっかりと固定して止めました。
完成
この様に南蛮漆喰を入れて安定させて上段の5寸紐丸の施工をして完了。
熨斗瓦や紐熨斗がズレ落ちている
熨斗瓦と紐熨斗のズレ落ち箇所
熨斗瓦と紐熨斗の修理
この様に接着剤で固定しました。

まとめ

今回の工事が終わって写真の様に工事報告書を提出しました。
K様から翌日に連絡があり当初の予定以外の不良箇所も修理していましたのでお喜びのれんらくを頂きました。
K様のお宅はしっかりした住宅でした。かわらの質も良い物を選んで使ったんだなという事がわかりました。
住宅は大事に使えば長持ちします。従いまして、最初にしっかりとした経年変化に強い良い建材、屋根材を選択することで後々メンテナンスも可能で少しのメンテナンスをして住宅を長期に使うようにすれば、最近の自分の代だけで壊してしまう様な無駄な事は絶対にしてはいけないと思います。
もう少し勉強してから住宅は建築するべきでしょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊予郡松前町にて屋根がS型セメント瓦のお家の瓦を差し替え修理

割れているS型セメント瓦
差し替えしたS型セメント瓦
工事内容
屋根補修工事
使用素材
S型セメント瓦
築年数
40年以上
建坪
保証
工事費用
10000(税別)
施工事例

西条市福武で屋根の経年劣化による雨漏りでお困りのお宅の補修工事

完工前
完工後
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
和形銀いぶしカギ深 菊間瓦
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
10万円(税別)

同じ地域の施工事例

施工事例

西条市福成寺にある和型釉薬瓦葺き住宅の棟の漆喰塗り直し工事

ビフォー写真
アフター写真
工事内容
漆喰詰め増し
使用素材
南蛮漆喰(シルガード)
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
6万円(税込)
施工事例

西条市丹原町にあるS型セメント瓦屋根をアルマで葺き替え工事

西条市丹原町曽我部モータースここが雨漏りのかしょでは
南側の屋根面の完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハのアルマ(アスファルトシングル)
築年数
築40年以上
建坪
保証
10年
工事費用
87万円(税別)
施工事例

西条市福武で屋根の経年劣化による雨漏りでお困りのお宅の補修工事

完工前
完工後
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
和形銀いぶしカギ深 菊間瓦
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
10万円(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

セメント瓦が割れている写真

松山市で屋根補修をした時の様子です。雨漏りして困っているとお問い合わせをいただいたので、当社の在庫品のセメント瓦と交換する屋根補修を行いました。セメント瓦には、平型セメントとS型セメントというものがありますが、今回はS型セメントと言うもので...........

壁際施工前

西条市喜多川で劣化によって、壁際の瓦が落ちてしまって困っているとお客様からお問い合わせがありました。前回、現場調査を行いお見積もりを提出した所、工事依頼を頂きましたので、修理作業を行いました。お問合せ頂いた段階では、壁際の瓦の脱落しかお客様...........

入母屋の絵

西条市喜多川で壁際の瓦が落下してしまい、困っているというお客様宅に現場調査へ向かいました。お問い合わせ頂いた段階では、雨漏りはしていないが、見栄えも悪く土が見えている状態なので、なるべく早く直して欲しいとの事でした。まだ雨漏りしていないとの...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225