オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

松山市でカラーベストから雨漏りしている鉄骨造の家を葺き替え工事


松山市での屋根の葺き替え工事の様子です。

前回までのブログで、既存の屋根材の撤去まで行えたため、今回からは新しい屋根材を施工していきます。
既存の屋根材がカラーベストなので、本来であれば瓦は使用できないですが、鉄骨造のお家なので瓦でも問題ないと判断して瓦での葺き替えを行いました。

【関連記事】

新しい瓦を施工するための下準備

瓦桟の施工後
まずは、新しい瓦を施工するための準備として、瓦を固定するための下地となる瓦桟という物を取り付けます。
写真で言うと木材の部分が瓦桟という物です。
これを取り付けることによって、瓦桟に瓦を引っ掛けられるようになるため、瓦桟が腐ったりして劣化しない限り、瓦がズレ落ちる心配がなくなります。
軒先水切りの取り付けの様子
瓦桟の取り付けが完了したら、次は軒先水切り板金を取り付けます。
これを取り付けることによって、瓦から流れてきた雨水を確実に雨樋に流す役割があります。
棟冠固定用の下地の取り付けの様子
最後に棟の瓦を固定するための下地を取り付けて完了です。
昔は、棟瓦の固定には南蛮漆喰という物を使用した湿式工法というのが一般的でした。
最近では棟金具という物に木材を固定して、その木材に棟瓦をビスで固定する乾式工法というのが主流になっています。

【関連記事】

瓦の施工をしていく

瓦を屋根にのせた様子
下準備が完了したら瓦を屋根の上に上げます。
荷揚げが完了したら、早速瓦を施工していきます。


軒先部分の説明写真
まずは写真の赤丸部分の軒先というところから瓦を並べていきます。
瓦の釘穴の位置
写真の赤丸部分が釘穴部分で、ここに釘を打ち込んで、瓦を固定します。
軒先部分は、風の影響を最も受けやすい場所なので、専用の釘で3点止めするようにします。
地瓦の施工後
屋根の大部分に施工する瓦を、地瓦と言います。
先程釘穴の説明をする際に掲載していたからの事です。
それをすべての屋根面に施工して、次は棟の施工に取り掛かります。

【関連記事】

棟の施工を行う

従来の棟瓦の施工には、土や南蛮漆喰などを使用した湿式工法というものが使われていました。
しかし、最近では屋根の軽量化を図るために、土や南蛮を使用しない乾式工法という方法で施工することが増えています。

今回も、乾式工法での棟瓦の施工を行っています。

【関連記事】
乾式工法での棟瓦の施工途中
まずは、棟部分に防水の為の乾式工法専用シートを取り付けます。
このシートを取り付ける事によって雨水の侵入を防ぐことが出来ます。

棟瓦の施工途中
シートの貼り付けが完了したら、棟瓦の通りが真っ直ぐになる様に調整しながら棟瓦を並べていきます。
棟瓦がカーブするところ
写真の様に棟瓦がカーブするところは、カーブに沿って加工しながら施工します。
棟瓦の完工写真
屋根のてっぺんまで棟瓦を並べて、最後にビスで固定して完成です。
ビスは、ビス穴から雨水が入ってこないように、パッキン付きのビスを使用しています。

葺き替え工事が完了しました

before1
施工前写真
既存のカラーベストは、経年劣化によって塗装の剥げや苔、一部割れが発生していました。
horizontal
after1
完工写真
瓦に葺き替えることで、高級感も増し今後のメンテナンスもほどんど気にする必要が無くなりました。

【関連記事】
最後にしっかりとお家周辺の掃除も行って工事完了になります。

以上で鉄骨造の住宅の葺き替え工事の様子になります。
カラーベストから瓦へ葺き替えを行ったことで、メンテナンスの心配がほどんどなくなったので、お客様にも喜んでいただけました。

この工事の現場ブログ

瓦桟の施工後

2021/03/30/ 松山市でカラーベストから雨漏りしている鉄骨造の家を葺き替え工事

松山市での屋根の葺き替え工事の様子です。前回までのブログで、既存の屋根材の撤去まで行えたため、今回からは新しい屋根材を施工していきます。既存の屋根材がカラーベストなので、本来であれば瓦は使用できないですが、鉄骨造のお家なので瓦でも問題ないと...........

屋根に梯子をかけた写真

2021/02/24/ 松山市で塗装が出来ないので屋根葺き替えの見積もりをするため調査

松山市での屋根葺き替えの現場調査の様子です。平屋の寄棟屋根のお家で、既存の屋根材はカラーベストが使用されていました。元々は、屋根外壁の塗装をする予定だったそうですが、塗装屋さんに屋根の劣化がひどい為、塗装が出来ないと言われ、屋根葺き替え工事...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

西条市丹原町にあるS型セメント瓦屋根をアルマで葺き替え工事

西条市丹原町曽我部モータースここが雨漏りのかしょでは
南側の屋根面の完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハのアルマ(アスファルトシングル)
築年数
築40年以上
建坪
保証
10年
工事費用
87万円(税別)
施工事例

松山市平井町で地震対策に屋根を軽量化する為モニエルの葺き替え工事

完工前
屋根の完工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ アルマ(アスファルトシングル)
築年数
約35年
建坪
153.6㎡
保証
製品保証10年、施工保障10年
工事費用
145万円(税別)
施工事例

松山市南斉院町で雨漏りしているコロニアルをルーガ鉄平で葺き替え

完工前
完工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ルーガ鉄平
築年数
15年
建坪
86.7平米
保証
10年
工事費用
120万円(税別)

同じ地域の施工事例

施工事例

松山市でアパートの老朽化したコロニアルをカバー工法で屋根工事

施工前
施工後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハ アルマ(アスファルトシングル)
築年数
約20年
建坪
屋根面積 56㎡
保証
施工保障10年
工事費用
50万円(税込み)
施工事例

松山市平井町で地震対策に屋根を軽量化する為モニエルの葺き替え工事

完工前
屋根の完工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ アルマ(アスファルトシングル)
築年数
約35年
建坪
153.6㎡
保証
製品保証10年、施工保障10年
工事費用
145万円(税別)
施工事例

松山市にて劣化した既存の化粧スレート屋根をアルマでカバー工事

経年劣化した化粧スレートと棟板金の写真
屋根のカバー工事が完工した時の写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハのアルマ(アスファルトシングル)
築年数
築40年以上
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
35万(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根に梯子をかけた写真

松山市での屋根葺き替えの現場調査の様子です。平屋の寄棟屋根のお家で、既存の屋根材はカラーベストが使用されていました。元々は、屋根外壁の塗装をする予定だったそうですが、塗装屋さんに屋根の劣化がひどい為、塗装が出来ないと言われ、屋根葺き替え工事...........

二階の屋根①

伊予郡砥部町北川毛にある築40年以上は経っていると思われる、コロニアル屋根の屋根カバー工事に伴う、既存の板金撤去と既存のコロニアルの上から自着層付防水紙の施工を行いました。それでは今日の現場ブログを書いていきたいと思います。お家のお困りごと...........

松山市安城寺の現場

今日の現場ブログは、松山市安城寺にある、三階建ての和型釉薬瓦葺きのお家の屋根棟部からの雨漏りでお困りとのことでしたので、早速現場調査に向かいました。お家のお困りごとは街の屋根やさん松山店にお任せ下さい無料点検致します

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225