オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

四国中央市にて玄関の天井から雨漏りするお家の本谷板金交換工事


工事のきっかけ

お家の玄関の天井から雨漏りしているので、一回見に来て欲しいと工務店さんに、お施主から雨漏り点検の御依頼があり、雨漏り調査してみると、昔のお家ではごくごく一般的使われていた、銅板でできた本谷板金の経年劣化による腐食が原因だとわかり、銅板の本谷板金交換工事に至りました。

四国中央市 雨漏り修理 本谷板金交換工事 棟の積み直し 既存瓦撤去復旧工事

ビフォーアフター

before
銅板でできた本谷板金の施工前写真
horizontal
after
本谷板金交換工事の施工後写真

工事基本情報

施工内容
雨漏り修理
施工期間
1日
使用材料
シルガード(南蛮漆喰) 銅線 復旧用の和型釉薬瓦(ハイシルバー)
施工内容その他
本谷板金交換工事 棟の積み直し 既存瓦撤去復旧工事
築年数
約50年
保証年数
工事費用
5万5000円
建坪
ハウスメーカー
㈲加地工務店
四国中央市土居町蕪埼にある、昔ながら平屋の和形釉薬瓦(ハイシルバー)のお家の屋根の本谷板金交換工事をしてきました。
お施主さんによると、玄関先の天井からの雨漏りが酷く、困っていたようでどうにかして欲しいと工務店さんのほうにご依頼があり、工事するにいたる前に事前に、雨漏り調査をした上で本谷板金交換工事をすることになりました。

昔のお家ですと、本谷の谷板金が銅板タイプものがほとんどなので、長年の経年劣化により腐食し穴が空いてしまって、そこから雨水が入ってきてしまい屋根の野地板に雨水が浸みこんで雨漏りしてしまうというケースが多々あります。
なので今回の本谷板金の交換工事をした一部始終を施工写真と共に皆様にお伝いしていきたいと思います。

まずは屋根に登って現場調査を開始

銅板タイプの本谷板金
既存の銅板タイプの本谷板金の写真です。
長年の経年劣化でかなり傷んでいました。
銅板は、雨水などや経年劣化による腐食が影響で、錆びてしまったり穴が空いてしまいます。
なので古いお家などの雨漏りの原因の一つとしてもかなり多いケースです。

施工開始!まずは棟尻(むねじり)付近の棟を撤去している写真です。

棟尻付近の棟部分を撤去している写真
これは既存の腐食した銅板の本谷板金を撤去するために、棟尻(むねじり)付近の棟を撤去している写真です。
本谷板金を交換するには、どうしても棟尻付近の棟を撤去しないと、本谷板金が外せない場合があります。
なので棟を部分的に撤去し、積んである棟瓦や(紐のし・大面のし)はあとで綺麗に復旧させる為、割らないように慎重にのけていきます。

既存の銅板タイプの本谷板金の廻りの瓦を撤去している写真です。

本谷板金の廻りの瓦撤去写真
これは既存の腐食した銅板の本谷板金の廻りの瓦を撤去している写真です。
銅板の本谷を撤去する際に、どうしても銅板の上に被さっている廻りの瓦は、棟部分と同じで割れないように丁寧に撤去して、あとで復旧させるためにまとめて置いておきます。
築50年近くというだけあって、屋根の施工方法が昔ながらの「土葺き屋根」なので、屋根土やスズメの巣などがたくさん出てきたので、それも綺麗に掃除しました。

既存の銅板タイプの本谷板金を撤去した写真です。

銅板の本谷板金を撤去した写真
既存の銅板タイプの本谷板金を撤去しました。
ホコリやスズメの巣、屋根土等は全て綺麗に掃除して、既存の銅板タイプの本谷板金も撤去しました。
次は新しい金属の本谷板金を入れていきます。

新しい本谷板金を入れている写真です。

新しい本谷板金を入れた写真
これは新しい本谷板金を入れている写真です。
この新しい本谷板金は、ガルバリウム鋼板(こうはん)という、今新築の住宅の屋根によく使われている建材です。
昔の一般的に使われきた、銅板タイプよりも非常に軽く、耐久性もあり比較的安価です。

新しい本谷板金の中央部分の写真です。

新しい本谷板金の中央部分写真
これは新しい本谷板金の中央部分の写真です。
ちゃんと板金同士を中央部分で重ねて内側で折り返して、雨水が侵入するのを防ぎます。

本谷廻りの撤去した瓦を復旧工事をしている写真です。

本谷板金の廻りの瓦を復旧している写真
これは本谷廻りの撤去した瓦の復旧工事をしている写真です。
あとは、既存の銅板タイプの本谷板金を撤去するために除けていった地瓦(じがわら)を復旧させ、棟尻(むねじり)付近の撤去した棟を積み直しする作業に入ります。

本谷板金の上にくる瓦は銅線と釘で野地板にしっかりくっ付けます。

瓦に銅線を通して釘で野地板にくっつけている写真
これは本谷板金の上にくる瓦を銅線と釘を使って、屋根地(野地板)にしっかりくっ付けている写真です。
本谷の上に被さってくる瓦は、下に本谷の板金があるので、瓦の釘穴に直接釘を打ち込むことができないので、瓦の釘穴に銅線を巻き付けた釘を通し、屋根の野地板にしっかりくっ付けて施工します。
地瓦(じがわら)の復旧は両側とも終わり、次は棟尻付近の棟積み直し工事に入ります。

撤去した棟部分の復旧工事をしている写真です。

撤去した棟部分の積み直し復旧工事写真
これは撤去した棟部分の復旧工事をしている写真です。
ここで棟をしっかり固定するために、南蛮漆喰(シルガード)を入れます。
南蛮漆喰(シルガード)は写真中央に見える黒い粘土ような物のことで、これを入れる事で、しっかり棟が固定されて安定します。

大面のしを積み直している写真です。

大面のしを積みなおしている写真
これは棟の土台になる「大面のし」を積み直している写真です。
普通の厚のしよりは大きく幅が広いです。
この大面のしを銅線と南蛮漆喰(シルガード)でしっかり固定していきます。

木のバラ板で大面のし横の出幅と高さを揃えている写真です。

先端の棟部分の大面のしと高さと出幅を合わしている写真
これは木のバラ板で、先端部分の大面のしの横の出幅と高さを揃えている写真です。
こうすることによって、棟全体がしっかり固定されて崩れにくくなり見た目も非常にきれいになります。
ここからは従順に、一時撤去した棟部分の瓦を、銅線と南蛮漆喰で復旧させていきます。

綺麗に棟を積み直しました。

棟積み直し完成写真
綺麗に棟を積み直しできました。
棟尻(むねじり)部分は雨水が侵入しないように南蛮漆喰で綺麗に仕上げました。

工事も終わりましたので最後は屋根の掃除と雨樋(あまどい)の掃除をします。

屋根と雨樋の掃除をしている写真
これは工事で出た瓦の粉やホコリ・木片等を綺麗にブロワーとほうきで綺麗に掃除をしている写真。
最後にしっかりと掃除をしないと雨樋にゴミが詰まったまんまの状態になるので、しっかり丁寧に隅々まで掃除をします。

本谷板金交換工事が終わりました。

本谷板金交換と瓦撤去復旧工事の完工写真
本谷板金交換工事と瓦撤去復旧工事が終了しました。
お施主さんにも大変喜んで頂けたので良かったです。

【工事完了後】

右側の本谷板金交換工事完工写真
右側の本谷板金を交換工事した後の完工写真です。
とても綺麗に納まってくれたので、雨漏りの心配もないです。
本谷板金交換工事の完工写真
左側の本谷板金を交換した完工写真です。
こちらも非常に綺麗に納まり、雨漏り対策がばっちりできました。
本谷板金の中央部分の完工写真
これは本谷板金の中央部分の写真です。
棟も綺麗に積み直し、棟尻(むねじり)からの雨漏りがしないように、しっかり南蛮漆喰(シルガード)で綺麗に塗り仕上げたので雨漏りの心配ご無用です。
棟の積み直しした部分の完工写真
これは棟を積み直しした部分の完工写真です。
銅線と南蛮漆喰(シルガード)でしっかり施工したので棟が強力に固定されました。
四国中央市は山沿いということもあり、台風並の強風が度々吹くということを聞きましたが、これで棟が崩れる心配もなくなりましたのでご安心下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

松山市にて雨漏りでお困りの和型セメント瓦住宅の棟積み直し工事

工事前の写真
工事後の写真
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード(南蛮漆喰) 銅線
築年数
40年以上
建坪
保証
10年
工事費用
5万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

松山市東石井純和風住宅外観①

松山市東石井T様より雨漏りが酷いので大変です至急対処お願いします。とのご連絡をいただき早速お伺いしました。現場に到着しましたらそれはそれは大きな純和風の住宅で築年数は40年~50年と言ったところでしょうか。ただ、この年代の住宅はそろそろ不具...........

棟瓦を撤去した時の写真

松山市にある築40年以上は経っていると思われる、和型釉薬瓦葺きのお家が、屋根から雨漏りがしているということで私たちは早速雨漏り点検にお伺いしました。調査した結果、屋根棟部の棟瓦からの雨漏りだということがわかりましたので既存の棟瓦の積み直し復...........

伊予郡松前町の築40年のS型スレート葺き平屋住宅西面

伊予郡松前町の築40年のS型スレート葺き平屋住宅の雨漏り調査にお伺いしました。よくある平屋の住宅です。S型スレートは今から20年程前に全国的に製造販売が中止になりました。セメント瓦の近年の歴史は、S型スレートの前が平型スレートでした。平型ス...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225