オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

瓦の『凍害』について簡単に説明させていただきます


粘土瓦の凍害について簡単に説明させていただきます。粘土瓦は粘土を原料にした焼成物であり多孔体となっている為多少の吸水をします。JISでは吸水率の上限が規定されており釉薬瓦は12%以下、いぶし瓦は15%以下となっています。
皆様のイメージでは、『瓦は吸水しない』とか『焼き物は吸水しない』とお考えの方も多数おられると思いますが、瓦は多少吸水します。

JISの規定による凍害試験は『気中凍結水中融解法』で行います。
[この試験は、試験回数の規定はありませんが、メーカー間の競争があり、その回数を誇示し合うケースはあります]
因みに、吸水率12%程で約1030℃で焼成した試験体を、24時間水中に入れてその後8時間以上-20℃で凍結させると言う工程を1サイクルとして、11サイクル目にその試験体の表面に亀裂や剥離が生じました。このことはJISが規定した吸水率の上限の甘さなのか疑問なのですが吸水率12%以下の瓦はJISの適合製品としては認められない事になります。
『瓦の凍害とは』瓦の表面、裏面が雨や夜露や結露で吸水して、冬季の朝方の外気が最低下した時にその吸水した水分が凍結膨張して瓦の表面や裏面に亀裂や剥離を生じさせる現象の事を言います。
瓦の3第産地のそれぞれの平均吸水率は
三州瓦5.8%以下 
淡路瓦9.8%以下
石州瓦1.2%以下
となっていますので参考にしてください。
四国は温暖な気候なのでほぼ安心ですが山間部にお住いの方は場所によっては北海道並みの気温になる場合もありますのでご注意下さい。



和形いぶし瓦の凍害が発生した現場写真

瓦の凍害や経年劣化の様子
和形いぶし瓦の凍害が発生した現場写真です。
かわらの表面又は裏面に雨や夜露で瓦が給水したその水分が朝方に凍結膨張してうす皮を剥がした様に剥離します。

和形いぶし瓦の凍害接写写真

表面が剥がれている瓦
和形いぶし瓦の凍害接写写真です。
これが凍害の状態です。
饅頭の薄皮を剥がしたように表面が剥離します。
これは裏面にも結露などで水分が吸収され凍結膨張剥離の現象は発生します。
瓦の吸水率の問題ですので、瓦の品質を考えるときにはこの吸水率も重要ポイントとしてご確認下さい。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225