オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

平型セメント瓦とS型スレート瓦についてお話します


愛媛でお馴染み、全国的にも大変多く使われている平型セメント瓦は全国各地のセメント瓦工場で生産販売施工されてました。今から約60年前から20年間程製造されたのが平型スレート瓦で、その後の40年前から20年前迄製造販売されていたのがS型スレート瓦です。

【今から70年前の日本国内の瓦はどうだったでしょうか】
戦後10年程した頃です。瓦は焼き物の瓦が主流で運送の事情が今の様にトラックなどはありませんので全国各地で瓦は作られており、その頃に平型Sスレートセメント瓦がデビュウーしました。その当時はセメント製の瓦は画期的な素材で尚且つ比較的に安価な商品であったと思います。日本国政府も国民の住環境改善政策で住宅を分割払いで購入出来る『住宅金融公庫』前のシステムを導入し住宅の購入支援を促しました。そのような社会情勢もあり比較的安価な住宅にこの『平型セメント瓦』はおおいに採用されました。

【今から50年前の日本国内の瓦はどうだったのでしょうか】
『平型セメント瓦』から『Sセメント瓦』にモデルチェンジしたころです。「平型セメント瓦』は瓦の形状から起因する雨漏りの要素がありました、これは比較的流れ長さが長いお家などでは雨漏りがあったようです。
その問題点を改良したのが、『S型セメント瓦』です。瓦の形状で瓦の山を作りみずの横流れを防止する機能を作りました、このころまでは全国各地でこの『S型セメント瓦』も製造販売されていましたが、住宅産業が活況で全国展開の建材メーカーや住宅メーカーが等の企業が登場してきました。全国展開の瓦メーカーは『ケイミュー』『日本モニエル』などです。これは全国展開のの住宅メーカーに対応と言う事で、品質の標準化を図るという目的もありました。
『S型セメント瓦』は約30年程全国各地で製造販売されて今から20年ほど前に製造中止になりました。
製造中止になったのは、社会情勢が徐々に変わり、街の大工さんから住宅メーカーにシェアが移行し、又物流が想像以上に発達した為に重量物でも比較的安価に手に入れる事が出来る様になりました。弊社が三州瓦を取り扱いをはじめたのが約35年前になり日本の建築も一般的な洋風→アメリカン→ヨーロッパ→モダン和風と流行に流され、S型セメント瓦の社会的ニーズもなくなりました。

平型セメント瓦の写真

平型セメント瓦の写真
平型セメント瓦の全景写真です。
[平型セメント瓦] [S型セメント瓦] 共に瓦出荷時は無塗装で出荷されます。
瓦を施工後に無塗装のままでお住いの方はそのままで、着色してお好みの色にしたい方は塗装屋さんに依頼して着色すると言う具合に自由にしてきました。ただ、セメント瓦は着色しても色が落ちやすいというか、そもそもセメント製品そのものが色が乗りにくい基材なのですその為、製造初期には着色しないという出荷方法を取っていたんだと思います。
後に、日本モニエル社が着色したコンクリート瓦を発売して一世を風靡しました。

S型セメント瓦の写真

S型セメント瓦の写真
S型セメント瓦の軒先唐草の写真と地瓦の写真です。
[平型セメント瓦] [S型セメント瓦] 共に瓦桟を打たずに全面釘打ちの工事が基本です。
その当時の瓦固定釘は鉄又は亜鉛のどぶずけの釘でして、これが今問題になっています。
その釘が錆びて釘穴をどんどん膨張させて最後は釘穴から縦方向に割れます、この現象は今まで現場調査に行ったお家では100%です、従いまして、徐々に雨漏りしてきますのでご自宅がこの平型セメント瓦かS型セメント瓦の方はご注意下さい。
セメント瓦は良い所もありまして、①寒さに強い②塩害に強いなどで長らく日本のお家に貢献してきましたがそろそろメンテナンスや葺き替え工事が必要な時期に来ています。 お疲れさまでした。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225