オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

愛媛の方へ厳選された無垢の南九州産杉材を加工した音響熟成木材


弊社がお勧めしているカイケンコーポレーションさんの健康的な建築建材である『音響熟成木材』について書いていきます。

実際に弊社の事務所にもこの音響熟成木材を使っており、近年健康志向が強まってきている日本人のニーズにお応えできる建築建材だと思います。

現在の住宅建築で使われる木材

南九州産の杉を写した写真
一般的な住宅建築木材としてよく使われている杉・ヒノキ・マツ・集成材(薄い木の板を接着剤で何層にも重ねたもの)等々の中でも、特に使われている『杉』は日本固有種の代表的な常緑針葉樹の一つとも言える、最もポピュラーな木材の一つです。

伐採されたばかりの木は、水を非常に多く含んでいるため乾燥させてから出荷されています。
乾燥させずにそのまま住宅などに使ってしまうと、乾燥収縮により木が割れてしまったり・曲がってしまうという問題が発生してしまう為、木材の含有率を15~20%まで落とす必要があります。

住宅で使われている木材のほとんどは、機械で乾燥させる機械乾燥(主に9割以上が蒸気式乾燥)が一般的です。
機械乾燥のメリットしては乾燥時間が大幅に短縮されるので生産性の向上しますが、木にのって最も大切な油分や水分が飛んでいってしまい、木の色合い・ツヤがくすんでしまったり、劣化のスピードも上がってしまうというデメリットもあります。

やはり木にとって負担があまり掛からない、木本来の色ツヤが保たれ長持ちする自然乾燥が一番ベストなのですが、じっくり時間かけて行う自然乾燥は乾燥途中で木が曲がって変形してしまったり、割れてしまう場合があるので非常にコストがかかってしまうというリスクもあります。

そこで弊社がおすすめするのが南九州産の杉を100%使用した【音響熟成木材】なんです。
台風や厳しい環境で育った南九州産の杉は、樹脂分が非常に多く、粘りを持っており水に強く腐りにくいという特性を兼ね備えています。昔は造船作りに必要な材料である弁甲材としても使われており、昔から日本の人々に親しまれていた木なんです。

常温熟成庫でクラシック音楽を聴かせ『音響熟成』

常温熟成庫に音響熟成木材を入れた写真
【音響熟成木材】は機械乾燥や自然乾燥は行わず、カイケンコーポレーションさんの独自開発で作られた常温熟成庫に一本づつ丁寧に保管された杉の木にクラシック音楽やジャズなどを聴かし『音響熟成』させています。

『音響熟成』された南九州産の杉は、木の持つ細胞を破壊されることなく木にとって最も大切な油分や・水分はそのまま残り
保湿性・保水性・防菌性といった特性を兼ね備え、時が経つにつれて木の本来の色合いやツヤが出てきます。
木の持っている本来の力を生かすことで、人々の生活の暮らしの中において様々な効果・効能を発揮してくれる本物の健康建築建材なんです。

近年、現代日本社会において昔には存在していなかったアレルギーや感染症といった病気はますます増えています。
その原因は、私達の日々暮らしている住宅に使われている建築建材にも大いに問題があります。

現在住宅の建築建材に使用される有害化学物質は約500種類と言われており、中でも接着剤などの揮発性の有害物質は空気中に気化する為、新築を建てられた方においては『めまいや吐き気がする』『子供のアレルギーが酷くなった』というお話が非常に多いのです。
新築の家に行く機会がある方は先にお伝えしときますが、新築の家に入るとツーンとしたニオイがすると思うのですが
あれは木の本来のニオイでは全くなく、建材に使われている接着剤などの有害化学物質が空気中に気化したものなので非常に有害ですので気をつけてください。

音響熟成木材を使ったリビングの写真です。

音響熟成木材を使ったリビングの写真
【音響熟成木材】を使ったリビングの写真です(カイケンコーポレーションの写真を使わせていただきました)
洗礼されたシンプルなリビングですね。

音響熟成木材は主に木の芯の部分(赤身)を使っているので腐りにくく、時間の経過と共に木の持つ油分や水分のエキスが表面に出てくるので、木本来のツヤや色合いが出てきます。
一般的には一本の木をそのまま使う無垢材よりも、木の板を何層にも積み重ねて接着剤でくっつけている集成材のほうが強度があると言われていますが、接着剤から出る有害化学物質(ホルムアルデヒド)は体に悪い化学物質の一つとも言われており、日本の住宅建築に使われる建築建材には現在確認されている有害化学物質は約500種類以上とも言われています。

音響熟成木材は健康建材ということもあり、無垢材100%無塗装なのはもちろんの事木の芯の部分である上質な赤身材を使っている為、安心して使っていただける健康建材かと思います。

一本一本丁寧に手間をかけた仕上げた(黒)ダイニングキッチン

黒の音響熟成木材を使ったダイニングキッチン
一本一本丁寧に黒く加工して仕上げたダイニングキッチンの写真です(カイケンコーポレーションの写真を使っています)
カイケン独自の技術で黒く仕上げた音響熟成木材は、キッチンとダイニングが一体になっている空間に深い味わいと落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

僕は個人的にはこちらの黒仕上げの音響熟成木材が好きです。
やっぱり無垢材はいいですね。

音響熟成木材は三種類から選べます。

音響熟成木材の種類
音響熟成木材は三種類の色のバリエーションから選んで頂けます。
お客様のお好きな色を選んでください。

愛媛でこれからお家を建てようとお考えの皆様へ

音響熟成木材を使って建てた骨組み写真
カイケンコーポレーションは本物の建築建材にとことんこだわり、自然素材や自然本来の物が一番だと考えています。
私たちが安心して暮らすことができる家づくりを日々研究し、より良い建築建材を作る事を目指しています。

日本古来からあらゆる建造物に使われてきた、「木」には人の暮らしに物凄く強い効果・効能や健やかな心、癒しを与えていると言っても過言ではないのかなと私自身は考えております。

このコラムを見て少しでもお客様の住宅建築における選択肢の幅が少しでも広がって頂ければ幸いです。
音響熟成木材に少しでもご興味がありましたら気軽にご連絡・ご相談承っております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225