オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松山市森松町の築40年カラーベストコロニアル葺住宅の雨漏り


Y様のお宅は、松山市森松町の築40年の住宅で雨漏りしているので至急対応できますか。
と言うご連絡をいただきまして、ご連絡をいただきました翌日に現場調査にお伺いしました。
現場にお伺いしますと、屋根材はクボタ鉄工の当時のカラーベストコロニアルでした。カラーベストコロニアルはクボタ鉄工
の屋根材部門で製造販売していたが現在はその当時からのライバル企業であった松下電工の屋根外装部門と合併して
『ケイミュー』となり現在も製造販売されています。

Y様のお宅は築年数が約40年との事ですのでかなり年数が経過していますので、しっかり現場調査してみます。


松山市森松町カラーベストコロニアル葺雨漏り住宅の現場調査開始します。

二階建て切妻屋根の二階屋根
Y様のお宅は、2階建ての住宅で基本的な切妻屋根でまずは2F屋根から見せて頂きました。
お伺いしたところ、2F屋根から雨漏りしているとの事で、御覧の様に二連梯子が見えますように、2F屋根に上がってみました。2F屋根は単純な切妻で谷や棟落ちなど無い簡単な形状の屋根で構造的な複雑さで雨漏りする事もありますがY様のお宅ではこの点は該当しません。次にチェックするのは屋根勾配ですが、Y様のお宅の屋根勾配は2.5寸勾配でした。
この点は、大きな問題です。カラーベストコロニアルの発売当初は使用最低勾配は2.5寸勾配がメーカーの基準ではOKだったのですが近年のメーカー基準は改定されていまして2.5寸勾配➡3寸勾配が使用最低勾配になっています。
使用最低勾配が2.5寸勾配➡3寸勾配に改定された理由は、おそらく経年と共にカラーベストコロニアルの重なり部分に埃の様なものが溜まりそれが毛細管現象などで水を吸い雨漏りに至るケースが増えてきたのではないかと思います。
Y様のお宅は以前の基準ではその範囲でしたが、すでに築40年は経過していますので、メーカー保証等の対象期間はかなり過ぎていまして、その対象からは外れています。2F屋根の雨漏り箇所は、後ほど屋根裏からも確認してみます。
さらに、もう1カ所チェック箇所はケラバ板金の形状の点です。
この部分は、専用の板金役物を使っていな様でした。
この部分からも経年により漏水するケースが多い所です。いずれにしましてもY様のお宅はかなり大事にメンテナンスもしながらお住いになっておられたんだなと言う事がわかります。 塗装も定期的にされているようです。
2F屋根別の角度から
2F屋根反対の位置から写真撮りました。
簡単な切妻屋根です。
1F屋根の壁際①
1F屋根の壁際です。
水平の雨押え水切りはちいていますがなぜか流れの雨押え水切りがありません。
1F屋根の壁際②
1F屋根の壁際です。
先程のつづきです。
雨押え水切りが無いですね。
1F屋根の壁際③
1F屋根の壁際先程のつづきの反対側です。
水平の雨押え水切りはあるんですが、流れ壁際の水切りはありません。

屋根裏を拝見します。

屋根裏①
Y様のお宅の屋根裏を見せて頂いています。
まず最初に、屋根の野地板がバラ板であることがわかります。
これは、カラーベストコロニアルの標準施工では絶対だめです。必ず構造用合板12.5ミリ以上の屋根下地を使う必要があります。ただ、カラーベストコロニアルの発売された当初は、構造用合板が高価な物であり又あまり流通していなかったのでこの写真の様なバラ板工事は普通によくありました。良い事ではありませんがご安心ください。
クボタ鉄工が構造用合板の屋根下地を標準にしたのは、御覧の様に、バラ板とバラ板の隙間が出来るのでカラーベストコロニアルを固定する時にたまにこの隙間に釘が入り込みその列全部が固定釘が効いていない場合が出来るためなのです。
よく見るとバラ板にシミの様な跡が見えます。これは雨漏りの跡です。ただ、長年雨漏りし続けたという感じはなく近年雨漏りし始めたと言う感じとお見受け致しました。
屋根裏②
この辺りも同様ですがここは外壁の辺りでして、2F屋根で気になっていたケラバの板金が標準ではないことからの漏水かとお見受け致しました。

総合的に判断検討してのご提案です。

今回の、Y様のお宅の雨漏り対策等と築年数と予算と今後の事も総合的に検討して判断させていただきました結果
『アスファルトシングルでのカバー工法』をご提案させていただきました。

提案理由①【築年数】
部分的に修理できないですか?
とのお話もありましたが、築年数も40年と言う事でこちらが治ってもあちらが雨漏りという事になりこの古さの雨漏り修理はなかなか難しいので部分的な修理は得策ではない旨ご理解をお願いしました。

提案理由②【予算】
出来るだけ低価格でとのご依頼と工事方法は良い工法を提案してください。
とのことでしたので。カバー工法で現状のカラーベストコロニアルを撤去処分せずに、既存カラーベストコロニアルの上に自着層着き防水シートを施工して即、アスファルトシングルを施工するカバー工法のご提案をしました
屋根全体をカバー工法することで屋根面全体の責任を『街の屋根屋さん松山店』にお任せいただける事からこのカバー工法であれば【保証書の発行】が可能になります。
この点も、ご安心頂けるポイントになるのではないかと思います。

只今御見積書を提出してご連絡をお待ちしております。

同じ地域の施工事例

施工事例

松山市平井町で地震対策に屋根を軽量化する為モニエルの葺き替え工事

完工前
屋根の完工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ニチハ アルマ(アスファルトシングル)
築年数
約35年
建坪
153.6㎡
保証
製品保証10年、施工保障10年
工事費用
145万円(税別)
施工事例

松山市にて劣化した既存の化粧スレート屋根をアルマでカバー工事

経年劣化した化粧スレートと棟板金の写真
屋根のカバー工事が完工した時の写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハのアルマ(アスファルトシングル)
築年数
築40年以上
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
35万(税別)
施工事例

松山市にて雨漏りでお困りの和型セメント瓦住宅の棟積み直し工事

工事前の写真
工事後の写真
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード(南蛮漆喰) 銅線
築年数
40年以上
建坪
保証
10年
工事費用
5万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

生コン入れるところに水を撒いている写真

伊予郡砥部町にあるお家のテラスに上り下りが楽になるように、型枠組んで、そこに生コンを流し込み階段を作りました。今日はそのテラスに後付けで付けた階段作りの作業内容を書いていきたいと思います。>>お家の屋根・外壁・外回りでお困りの方は【街の屋根...........

ユニックで砂を吊っている写真

砥部町北川毛の和型セメント瓦葺き住宅のお庭にテラスを作る工事をやっています。外で洗濯物を干したり、BBQをしたりと色々な用途として使えるテラスはとても便利ですよね。なので今回はテラスを作る際に使う、砂・砂利等をユニックで運搬搬入し、ワイヤー...........

砥部町北川毛の現場写真

伊予郡砥部町北川毛にある和型セメント瓦屋根のお家のテラスを作る工事をやっております。前回はテラスの下地となる部分を工事しました。今日は仕上げの生コン(生コンクリート)を入れる為の型枠作りをしていきたいと思います。お家の屋根・外壁・外回りでお...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225