オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

伊予郡砥部町で購入した築40年の中古住宅の雨漏りが酷いんです


K様より、伊予郡砥部町で築40年オーバーの中古住宅を購入したんですが雨漏りが酷いんです。とのご連絡をいただきました。
早速現場にお伺いし現場調査をさせて頂きました。
K様が購入した中古住宅は購入時点から雨漏りしていた様で、雨漏りの事は了解のうえ購入されたようです。
又、雨漏りを治してから内部リフォームも考えているとのお話でした。
既存の屋根材はカラーベストコロニアルです。

それでは屋根の現場調査を開始します。

K様砥部町中古住宅外観
K様邸の屋根材はカラーベストコロニアル(クボタ鉄工)屋根形状は入母屋、屋根勾配は2.5寸勾配でした。
外観からもわかりますが、大きな住宅です。この当時はカラーベストコロニアルなどは新しい屋根材
(フルベスト・シングル・モニエル瓦等)という事から新生屋根材と言われていました。
又、この様な新生屋根材に伝統的な入母屋形状は今ではどうかなと思えるところもありますが結構新生屋根材に入母屋の屋根形状と言う事はありました。
K様中古住宅2F屋根①
2F屋根から写真撮影です。
40年オーバーの住宅ですが、前所有者の方が塗装等してメンテナンスしていたとお見受けしました。
K様中古住宅2F屋根入母屋部分
2F屋根の入母屋部分です。
破風や破風尻は金属で潔く綺麗に納めています。
この辺りは、屋根形状から雨漏りしやすい箇所ですが問題ないと思います。

この辺りが雨漏りの直接原因かと思います。

K様中古住宅1F屋根①
K様伊予郡砥部町中古住宅1F屋根です。
カラーベストコロニアルに白いコーキングが見えます。
これは、雨漏り対策で、前所有者したものと思います。この辺りだけ対策をしているのは、この1F屋根のこの部分の屋根の流れ長さが一番長い為に比較的軒に近い部分で雨漏りが発生した為と思います。
このカラーベストコロニアルが発売された当初は使用最低勾配が2.5寸勾配で、この緩勾配(ゆるい勾配)がこの商品の売りでした。(因みに、あのコンクリート瓦で有名なモニエル瓦も2.5寸勾配流れ長さが8mで施工可能でした。)
その後、製造元のクボタ鉄工はライバル企業の松下電工の外装部門と合併して『ケイミュー』となり、今は使用最低勾配は3寸勾配になっています。

1F屋根の壁際部の写真です。

K様中古住宅1F屋根壁際
砥部町にあるK様の中古住宅1F屋根壁際です。
ここは、流れ壁際と窓がかなり接近していますので注意が必要です。

1F屋根壁際と谷が絡んだ部分です。

K様中古住宅1F屋根壁際②
砥部町にあるK様の中古住宅1F屋根壁際と谷が絡んだ部分です。
古いながらも、雨押え板金もしっかり施工されております。

K様中古住宅の調査報告と総合判断によるご提案

K様伊予郡砥部町中古住宅雨漏りの原因

【調査報告】
報告① 屋根勾配が2.5寸勾配の緩勾配である事
カラーベストコロニアル等の新生屋根材は緩勾配で施工出来る事も商品の売りの一つでした。
しかし現在は2.5寸勾配➡3.0勾配になっています。
この点は、雨漏りの大きな原因と言えます。

報告② 屋根下地がバラ板で施工されている
クボタ鉄工のカラーベストコロニアルや松下電工のフルベストなどの彩色石綿スレートは屋根下地に構造用合板12.5㎜以上の物を使用しなければならないと言う決まりがありそれはバラ板などで屋根下地を作るとその隙間に屋根材を固定する釘が入る場合があり屋根材の固定力不足となるのでこれを防ぐために構造用合板12.5㎜の決まりがあります。
しかし、その当時は構造用合板の流通もあまり活発ではなく又高価な建材でもありましたので、良い事ではありませんが、結構バラ板下地のおうちは多くありましたし特に問題は出ていませんのでご安心下さい。

報告③ 屋根材の寿命
40年以上屋根でこのお家を守りましたカラーベストコロニアルですが流石に寿命が来ています。
そろそろ、その天命を全うしたのではないかと思います。

【ご提案】
アスファルトシングルによるカバー工法をご提案致します。

理由① 予算
カラーベストコロニアルを撤去処分せずにカラーベストコロニアルの上に自着層着き防水シートを貼り一次防水してその上にアスファルトシングルを施工します。
撤去 処分 屋根下地 工事中の天候対策の養生費用などのコストを大幅に削減できます。

理由② 屋根勾配
屋根勾配が2.5寸勾配であり一般的な屋根材の仕様可能勾配ではありませんのでこの勾配でも使用可能なアスファルトシングルをお勧め致します。
又、今流行りのガルバリウム鋼板などは縦平等の形状であれば使用可能ですが、入母屋形状のこの様な屋根の場合施工コストが大幅に上がります。(簡単な切妻屋根でないと逆にとても高くなります)又カバー工法は出来ませんし、ガルバリウム鋼板などの合金メッキこ鋼板などは原板保証は可能ですが加工した場合には材料保証はメーカーがしませんので要注意です。

理由③ 保証書の発行が可能
K様は中古住宅を購入してまず屋根を治しその後に内部のリフォームを計画しておられると聞きました、住宅における屋根は最重要部位です。屋根があるから住宅と言えます。違法建築などをしたら各市町村から呼び出しがあり、兎に角、屋根のみを撤去するように指導されると聞いています。それほど屋根=建築なのです。
今回、K様はこの住宅に長く住まわれる事をお考えの様なので簡単な修理等ではなく私どもに屋根全部をお任せ頂く事で、その責任の証として保証書の発行をさせて頂く事が可能になります。

以上の様な理由から見積書を提出させていただきました。


同じ地域の施工事例

施工事例

砥部町北川毛の雨漏りする中古住宅をシングル材で屋根カバー工事

二階の屋根①
アフター写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アスファルトシングル(ニチハのアルマ)
築年数
40年以上
建坪
約53坪
保証
施工・製品保証10年
工事費用
176万円(税込)
施工事例

砥部町高尾田にある既存の銅板製の本谷をカラーステンレスに交換

既存の銅板製の谷を撮った写真1
新しいガルバリウム鋼板の谷板金に交換した時の写真
工事内容
使用素材
カラーステンレス0.35
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用
19万(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根に梯子をかけた写真

松山市での屋根葺き替えの現場調査の様子です。平屋の寄棟屋根のお家で、既存の屋根材はカラーベストが使用されていました。元々は、屋根外壁の塗装をする予定だったそうですが、塗装屋さんに屋根の劣化がひどい為、塗装が出来ないと言われ、屋根葺き替え工事...........

シングル屋根材施工前

松山市でカバー工法でシングル屋根材を施工している様子です。雨漏りでお困りのお客様からお問い合わせを頂き、カバー工法でシングル屋根材を施工することになりました。前回のブログでは、軒先水切り板金という物を取り付けて、雨水が確実に雨樋に入るように...........

カバー工法施工前

松山市でカバー工法でシングル材を施工する様子です。雨漏りにお困りのお客様から問い合わせを頂き、カバー工法でシングル屋根材を施工することになりました。シングル材といえば剥がれやすいのではないかと心配される方もいるのではないかと思いますが、最近...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225