オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

松山市西垣生の築50年経つセメント瓦住宅の屋根を雨漏り点検


今日は松山市西垣生にある築50年以上は経っている、セメント瓦葺きのお家の雨漏り現場調査を行いました。
お家の方によると「二階の天井から雨漏りしている」という事なので、お家に上がらせて頂き実際に二階の天井も拝見させて頂きました。

それでは今日の現場ブログを書いていきたいと思います。

現場に到着しました。雨漏りしている二階の天井を拝見させて頂きました。

雨漏りしている二階の天井
これは雨漏りしている二階の天井の写真です。
確かに雨漏りジミがありますね。
二階の丁度真ん中の部屋の天井だけ雨漏りジミがありました。
恐らくこの上の屋根からの雨漏りなのでしょうか?

早速屋根に上がらせて頂きました。🏠

二連梯子(にれんばしご)で屋根に上がります。

二連梯子で屋根に上がる時の写真
二連梯子(にれんばしご)で屋根に上がりたいと思います。
現場調査の時は足場などが一切ないので本当に気を引き締めていつも屋根に上がっています。

屋根に上がりました。

セメント瓦屋根平面部1
屋根に上がったのでしっかり現場調査していきたいと思います。
屋根軒先部の写真
これは屋根軒先部分を撮った時の写真です。
見た感じは雨漏りしているようには見えないのですが、今回のようなS型のセメントは亜鉛釘や鉄くぎで留めているので、長年の経年劣化で釘穴から縦方向にセメント瓦が割れてしまうという現象が起きます。
そうなると必然的にその部分から雨が侵入して雨漏りしてしまいます。

他の箇所も見ていきます。
屋根棟部
これは屋根棟部を撮った時の写真です。
屋根棟部分も屋根からの雨漏り原因だったりします。

今回のお家の場合は二階の部屋の天井に雨漏りジミがあったのでその部屋の天井付近になる部分を少し外して中を見てみたいと思います。

瓦を剥がしてみました。

瓦を剥がした時の写真
天井に雨漏りジミがあった箇所になる部分を剥がしてみました。
防水紙が雨で濡れている
剥がしてみると下葺材のルーフィング(防水紙)と下地のバラ板が濡れていました。
こういった昔のS型のセメント瓦葺きの屋根の場合、雨漏りしている箇所だけを部分的に新しい防水紙で貼り直しして瓦を葺きなおしても違う箇所から雨漏りしてしまう場合が多々ありますので、今回のようなS型のセメント瓦屋根で築年数も長いお家は、屋根の葺き替え工事が一番ベストなメンテナンス方法だと思います。

まとめ

屋根平面部2
お家の方には、天井の雨漏りジミ気にならないようでしたら今の状態で放っておくか、屋根の葺き替え工事をするかの二つのご提案をしました。
お家の方はご自身のお孫さんが将来結婚してお家が必要になった場合に、今の🏠を使うということになったら屋根葺き替え工事をしたいと思いますとのことでした。

今回のように天井の雨漏りジミが気になるといったちょっとしたことでも大丈夫ですので気軽に弊社までお問合せ頂きたいです。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根に梯子をかけた写真

松山市での屋根葺き替えの現場調査の様子です。平屋の寄棟屋根のお家で、既存の屋根材はカラーベストが使用されていました。元々は、屋根外壁の塗装をする予定だったそうですが、塗装屋さんに屋根の劣化がひどい為、塗装が出来ないと言われ、屋根葺き替え工事...........

シングル屋根材施工前

松山市でカバー工法でシングル屋根材を施工している様子です。雨漏りでお困りのお客様からお問い合わせを頂き、カバー工法でシングル屋根材を施工することになりました。前回のブログでは、軒先水切り板金という物を取り付けて、雨水が確実に雨樋に入るように...........

カバー工法施工前

松山市でカバー工法でシングル材を施工する様子です。雨漏りにお困りのお客様から問い合わせを頂き、カバー工法でシングル屋根材を施工することになりました。シングル材といえば剥がれやすいのではないかと心配される方もいるのではないかと思いますが、最近...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225