オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

伊予郡砥部町高尾田にて和型いぶし瓦葺き屋根の雨漏り点検調査


伊予郡砥部町高尾田にある築50年以上は経っていると思われる和型いぶし瓦葺き屋根の雨漏り点検調査を行いました。
現場に到着し早速屋根に上がり、雨漏り点検した結果、既存の銅板製の谷板金の腐食による穴あきが原因の雨漏りだということがわかりました。
それでは今日の現場ブログを書いていきたいと思います。

砥部町高尾田に現場に到着しました。

砥部町高尾田の現場写真
砥部町高尾田にある和型いぶし瓦葺きのお家に到着しました。
お家の方によると、屋根からの雨漏りが酷くて困っているとのことでしたので、早速梯子(はしご)を架けて屋根に上がってみました。

屋根に上がって谷部分を見てみました。

経年劣化で錆びた谷板金の写真1
屋根に上がって谷部分を見てみました。
築年数もかなり経っているので、長年の経年劣化で谷板金が錆びついてしまってますね。
昔の谷部分に使っていた板金はほとんどが銅板製のものだったので、雨などで錆びついてしまい、錆びた部分から穴が空いてしまいそこから雨漏りしてしまうケースが多いです。
反対側の谷板金の写真
これは先ほどの写真の反対側の谷板金の写真です。
こちらも谷部分が錆びついているのでいずれ錆びた箇所に穴が空き雨漏りしてしまう恐れがあるので交換する必要がありますね。
最近では錆びに強く耐久性も非常に高いガルバリウム鋼板などに交換するケースが多いです。

屋根棟部の写真です。

屋根棟部の写真
屋根棟部を撮った時の写真です。
先ほどの谷部分の所の棟部を撮りました。
谷部の板金の交換工事になった場合はこの棟と谷廻りの瓦を一時的に撤去するような工事になります。
軒先の方も見てみたいと思います。

軒先の野地が腐っていました。

軒先の野地が腐っている部分の写真
写真ではわかりにくいと思いますが軒先の野地が腐ってしまっています。
ここも補修する必要があります。

下屋根の谷部分の写真です。

下屋根の谷部の写真
これは下屋根の谷部分を撮った時の写真です。
ここも赤茶色に錆びています、銅板製の谷板金特有の経年劣化です。
ここもガルバリウム鋼板の板金に交換することをお奨めします。
今回の現場調査で分かったのは、築年数もありますが既存の銅板製の谷板金からの雨漏りだということが分りました。
既存の銅板製の谷板金が長年の経年劣化で表面が摩耗し穴が空いてしまっておりました。
なのでお家の方には「本谷板金の交換工事」をご提案しました。

お家の雨漏りはもちろん、頼み先の分からないちょっとした小口工事もお気軽に街の屋根やさん松山店にお問合せ下さい
雨漏り無料点検もお気軽に電話にお申し付けください。

今日の現場ブログを終わります👷✨

同じ地域の施工事例

施工事例

砥部町北川毛の雨漏りする中古住宅をシングル材で屋根カバー工事

二階の屋根①
アフター写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アスファルトシングル(ニチハのアルマ)
築年数
40年以上
建坪
約53坪
保証
施工・製品保証10年
工事費用
176万円(税込)
施工事例

砥部町高尾田にある既存の銅板製の本谷をカラーステンレスに交換

既存の銅板製の谷を撮った写真1
新しいガルバリウム鋼板の谷板金に交換した時の写真
工事内容
使用素材
カラーステンレス0.35
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用
19万(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現場調査の様子

松山市のアパートのカバー工法の様子です。お客様から、アパートが雨漏りしているため修理の見積もりをお願いしたいとご依頼がありました。原因を確かめるためにまずは現場調査を行います。

瓦桟の施工後

松山市での屋根の葺き替え工事の様子です。前回までのブログで、既存の屋根材の撤去まで行えたため、今回からは新しい屋根材を施工していきます。既存の屋根材がカラーベストなので、本来であれば瓦は使用できないですが、鉄骨造のお家なので瓦でも問題ないと...........

既存屋根材(カラーベスト)の撤去前

松山市での葺き替え工事の様子です。最初は塗装工事を検討していましたが、塗装屋さんに塗装が出来ないと言われたため、葺き替え工事を検討していたお客様のお宅を葺き替え工事することになりました。前回の現場調査で、屋根材の経年劣化が原因で、再塗装が出...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225