オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

新居浜市中村で屋根の本谷板金が腐食し漏水したお家を雨漏り調査


新居浜市中村にある築50年近くの一般住宅が雨漏りしているということで連絡があり、二連梯子と脚立を積み込み現場の調査に行きました。
築50年という事なのでかなり古いお宅と想像しながら瓦は釉薬、和型か?菊間瓦?だろうなと想像しながら現場に向かいました。

現場に到着しましたら、屋根形状を見てすぐにここだろうなという箇所はわかりました。
さて梯子を掛けて屋根に上がってみましたら案の定、1F屋根の谷が二本あるのですが両方とも谷板金が錆びて腐食しており、穴が空いており、そこから雨水が浸入しておりました。
その他全体に屋根を見渡しましたところ地瓦が一枚割れ、五寸紐丸が一枚割れ・隅棟部の土台の漆喰が剥がれていました。
古い屋根ではありますが定期メンテナンスはしているように見受けられました。

新居浜市中村の雨漏り住宅は谷板金の腐食が原因でした。

谷板金の写真
この当時の本谷板金は、二種類の材質で施工されているのが一般的でした。
一つは銅板(0.3ⅿ)もう一つがこの現場のカラー鉄板(0.35ⅿ)の谷板が使われています。
銅板が錆びることは無いのですが、瓦から滴る雨水が銅板に直接当たった所に穴が空きます。そのために雨漏りにいたるのが銅板の場合の一般的な雨漏りになります。カラー鉄板の場合は、カラー鉄板がその谷幅いっぱいに錆びて、それが腐食し穴が空き雨漏りとなりそれが一般的な鉄板の場合の雨漏りです。

反対側の谷板金も同様に腐食していました。

反対側の谷板金の写真
太陽光の都合で少々わかりにくいのですが、こちらも谷板金が錆びています。
ここで実は、谷の板金の腐食が通常の谷からの雨漏りの主たる原因なんですが、もう一つ可能性がありましてこちらの屋根のように本谷が二本ある場合、谷の接合部分が原因になる場合があります。
ここが原因になる場合は、谷板金の取り付け方に大いに問題がありまして板金工事屋さんがとても手抜きをした場合、あるいは板金屋さんが現場に板金を置いてあって瓦工事の職人さんに『板金の取り付け宜しく』とお願いして屋根工事が終わってしまった場合に、残念な事に施工不良があって雨漏りするにいたる場合があります。しかしながらとう物件は築50年経過しており、この点の問題はなかったかと思います。
谷の二カ所の入れ替え復旧工事と地瓦の差し替え・五寸紐丸の取り換え改修工事の見積もりを提出しました。

谷板金周辺の瓦を撤去しました。

谷板金の写真
谷板金周辺の瓦の撤去した写真です。
このような改修工事は外科手術みたいなもので、問題箇所を修理するのにまず問題箇所をはっきりとわかるように周囲の瓦を撤去します。そうするとこのように元々の本谷板金が、青色のカラー鉄板であったことがはっきりとします。
周囲の状況を説明しますと、こちらの屋根に施工されているルーフィングですがフェルト(18㎏・40ⅿ巻き)で、今でも製品としては存在しますが屋根工事には少々スペック不足なので全く使う人はいなくなったような材料です。
瓦桟(18×18)で断面が正方形になるような、施工時は少しコロコロして座りが悪い物を使っています。
今は瓦桟(15×30)以上の材料を使うのが一般的です。このように古きを訪ねると私にとっては非常に興味深い点は多々見受けられて、非常に楽しくなります。

谷板金を交換して瓦復旧しました。

谷板金(施工後写真)
既存の錆びたカラー鉄板(0.35ⅿ)の撤去して、そこに新品の耐摩カラーGL鋼板(0.4ⅿ・通称ガルバリウム鋼板)を施工しました。この時に二本ある本谷の接合部分を慎重に加工作業しました。
※ガルバリウム鋼板は日鉄・住金の商品名ですが、みんなこのガルバリウム鋼板と呼んでいます。
ガルバリウム鋼板は心材の鉄材にアルミと亜鉛の合金メッキを施し、カラー層を二度塗り・二度焼き付けした合金メッキ鋼板です。
周囲の地瓦を復旧し棟部分も一部撤去していましたので、元通りに積み直しました。
さらに谷における地瓦の切り口を綺麗にするために、僅かではありますが通りを通すようにカットしました。

地瓦を差し替えました。

谷板金(施工後写真)
まず地瓦の交換をしまして欠けた瓦を入れ替えた状態の写真です。
入れ替えた地瓦は新品でして、今も製造されています。この色(ハイシルバー)がという色で昔から人気がある色です。
JISの規格サイズ(JIS53A)のタイプです。全国的にJISの規格を優先して製造しているメーカーが多いので、結構今でも対応可能です。ご心配の方がおられましたらご一報下さい。
このJIS53Aは日本の瓦の三大産地(淡路島・愛知県・島根県)で申し上げますと、淡路・愛知で主に生産されている和型に多く使われております。そのほかにJIS56型は淡路島が多いです。JIS53Bは島根県江津市を中心とする石州瓦の産地はこのタイプです。

隅棟部ののし一枚・五寸紐丸3枚を交換しました。

before1
五寸紐丸が破損した写真
隅棟部の五寸紐丸が破損していました。
この隅棟部は台土・紐のし・のし二段で五寸紐丸の仕様です。写真に収めていなくて申し訳ありません。
この棟の延長線の軒先についている鬼瓦は五寸・福輪というタイプの隅鬼です。その前には隅巴が付いています。
この割れ方からしまして、推測なんですが何かの飛来物よる割れと思います。破損しているのはのし瓦一枚・五寸紐丸3枚となります。
horizontal
after1
五寸紐丸修理写真
こちらが隅棟部ののし1枚・五寸紐丸3枚を交換した写真です。

屋根工事は終了しました。



同じ地域の施工事例

施工事例

新居浜市又野で棟部分の剥がれた漆喰の塗り直しと瓦のズレを修理

完工前
完工後
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
6万5千円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

砂とセメントを混ぜている

松山市上河原町にある飲食店の駐車場を屋根瓦を破砕機で砂利にした愛媛県の優良リサイクル認定品「Rテコラ」と耐火レンガで外構工事を行いました。それでは現場ブログを書いていきたいと思います。お家のお困りごとは街の屋根やさん松山店にお任せください

トラックに積んだ来たロアー二の写真

松山市南吉田にてアスファルトシングル屋根材「ロアー二」による屋根の施工工事を行いました。今回使用した屋根材は、防水紙(ルーフィング)に材質が非常に似ており、防水性が高く、他の屋根材と比べても比較的安価なものです。それでは今日の現場ブログを書...........

二階屋根の写真

東温市志津川にある二階建て住宅屋根に地瓦とケラバの板金を施工しました。前回のブログでは途中から雨が降り出したので、作業が途中までしかできませんでしたが、今日は朝から快晴の天気でしたので、今日で屋根工事が完工しました。前回のブログ 東温市志津...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら松山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-224-225